それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

赤ちゃんの習い事!0歳子供が英語を習うのは早すぎ?メリットは

   

赤ちゃん 習い事

赤ちゃんに¨なにか習い事をさせたい!
なにかこの子にできることはないか¨

毎日の育児でたいへんなこともありますが、やっぱりかわいいですよね。

こういうのが得意かもしれない¨
ここを伸ばしてあげるといいかも¨

子供のしぐさを見ていたら、色々と考えてしまいますね。

0歳からの習い事が人気で、英語もその一つ。「0歳から英語って、ちょっ早くない?」と思われるかもしれません。赤ちゃんから英語を始めると、どんなメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

赤ちゃんに英語はむずかしい?!

赤ちゃん 習い事 英語

赤ちゃんは抜群の順応性があり、英語を始めるの最適!

お腹の中にいたころから、胎児は日本語を聞いて育っているので「英語はむずかしい」と思われがちですが、そうではなく、むしろ向いているのです。

0歳から英語を始めるメリット

赤ちゃんから習うとよいメリットは、やはり「発音」ですね。

・耳を養える年齢は6歳ころまで
・日本語にはない発音を理解できる。
・ブランクがあっても、再開時に発揮される。

音楽の世界で「絶対音感」が言われるように、言語によって音域やリズムが異なります。日本語の音が低いので、高音域の英語が日本人には、聞き取りづらいのです。

この「絶対音感は6歳ころまでに決まってしまう」と言われています。「耳を養う」ことができる年齢は限られているのです。

子供が成長するにつれ、耳からの情報ではなく、目からの情報が中心となります。英語の「子音」が聞き分けられるもこの時期です。

赤ちゃんの脳は、どの言語にも対応できます。その代りに必要が無い回線は切られていくとも言われています。日本語にはない音域やリズムをすんなりと習得するのに、赤ちゃんは最適なのです。

習い事をどれだけ続けられるかわからない¨

習い事の多くは、いずれかの段階で辞めてしまうものがほとんどだと思います。一つのことをずっと続けていることのほうが珍しいです。

英語の場合この時期に身に着けた音の能力は、例えブランクがあっても再開した時に発揮されます。理由は英語を音として理解しているから、耳を養っていたからなんです。

友人の子供も赤ちゃんから始めて、2歳になってアルファベットを文字と音で理解しました。語彙(ごい)も豊富で、綺麗な発音でしゃべっていますよ。もちろん、母語はしっかりとできています。

スポンサーリンク

ママにもメリットあり!?

赤ちゃん 習い事 英語

育児交流の場になり、子育て相談やママ友もつくりやすい!

子供中心の育児生活、疲れもあるし、外にでるさえ嫌になるときもありますよね。そうなると母子だけで過ごす時間が多くなりがちです。当然、ストレスも溜まりますよね。

習い事をするにあたり、強制的に外にでることになります。家に閉じこもらずにすみ、ストレスが軽減されたり、子育ての相談ができるメリットにもなるのです。

ママも一緒に楽しく英語に触れて、育児の充電期間を楽しんでみませんか?

習い事をするデメリットはなに?

赤ちゃん 習い事 英語

・子どもに結果を求めすぎてしまう。
・自分の子どもと他の子と比べてしまう。

「子供が楽しく過ごせること」を目的に入ったのに、他のたくさんの子供がいると、どうしても比べてしまいます。結果を求めすぎていたり、他の子の良い出来ばかりに目がいくようになると複雑な気持ちになるでしょう。

大切なのは、他の子どもはどうだとか神経質にならないことです。「子供もママも英語を楽しみ、親子で楽しい時間を過ごす」ということを心がけましょう。

赤ちゃんの時期の習い事は、生活リズムが整っていなかったり、変わったりして少し大変かもしれません。ほとんどの場合は、午前中にされていると思います。

色々なところの体験レッスンなどを利用して、子供もママも楽しみながら通えそうか比べてみてもいいでしょう。