それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

ストレスと紫外線が乾燥肌を引き起こす!その原因と紫外線対策

      2016/03/02

乾燥肌 ストレス 紫外線

ストレスや紫外線が肌に悪いことはもう知っていますよね?
実は乾燥肌の原因にもなるんですよ。

美白は美人の第一条件で、1年を通して紫外線対策を行うのはもはや一般常識。紫外線はメラニン色素を生成してシミやくすみを引き起こすので女性の大敵ですね。

現代人の悩みストレス‥

ストレスを感じないで生活することは、ほぼ不可能。常にストレスを受けているとその状態に慣れてしまいます。ストレスは適度に解消していかないとあらゆる疾患の要因にもなりますよね。

1年を通して降り注がれる紫外線‥
日常的なストレス

どちらも乾燥肌に大きな影響を及ぼします。そのメカニズムを学んで乾燥肌を防ぎましょう。

スポンサーリンク

外的ストレスから乾燥肌へ

乾燥肌 ストレス 紫外線ストレスというと人間関係や生活環境などから受ける精神的なものと思いますよね。実は肌への刺激など外側から与えられる外的ストレスもあるのです。

【外的ストレスの主な要因】
1.紫外線のダメージ
2.空気の乾燥による刺激
3.肌のケアをする時の摩擦
4.紫外線をカットするために肌に負担のかかる日焼け止め
5.乾燥から守るためにたくさんの基礎化粧品を使う

このような要因は普段意識せず受けてしまっているので、気がつかないうちに外的ストレスはどんどん蓄積していきます。

UV効果の高い日焼け止めや基礎化粧品の多使用など、肌を守るために行っているスキンケアも過度になると外的ストレスを引き起こしてしまうのです。

外的ストレスを感じると活性酸素が多量に発生します。正常な細胞が攻撃されて破壊されることで、機能が低くなり乾燥肌になってしまうのです。

内的ストレスから乾燥肌へ

乾燥肌 ストレス 紫外線

内的ストレスとは日常生活の中で精神に与えられるストレス。簡単に言うとイライラしたり、ムカムカしたりする時は内的ストレスを感じています。

精神的なストレスを感じると、それに抵抗するために交感神経が活発になりすぎて自律神経のバランスが崩れます。

自律神経は血液の流れやホルモンの分泌をコントロールしている神経。このバランスが崩れると血流やホルモン分泌まで狂ってしまいます。

【内的ストレスの主な要因】
・血流が悪くなると栄養や酸素が行き渡らなくなるのでターンオーバーが低下。
・ホルモン分泌の量が減少すると、バランスが崩れて肌の潤いを保つエストロゲンの働きが弱くなる。

ストレスはあらゆる面から乾燥肌を引き起こすため、改善するにはスキンケアだけではなくストレス解消も必要なのです。

スポンサーリンク

紫外線の影響と乾燥肌

乾燥肌 ストレス 紫外線

紫外線には「UVA・UVB・UVC」という3つの光の波長があります。地球まで届くのは波長がもっとも長い「UVA」とその次に長い「UV」です。

UVAの特徴
・UVAは透過性が高いという性質があるので、真皮層まで浸透してじんわりと肌にダメージを与えます。
・UVAによってすぐにトラブルが起こることはありませんが、浴び続けることで真皮にはダメージが蓄積していくため、長い年月をかけて肌機能を低下させます。

【UVBの特徴】
UVBはある程度オゾン層で吸収されるものの、波長が長いため吸収されなかった一部は地表まで届きます。その割合は1%程度です。

・肌への影響が大きいため、短時間でも対策をしないまま浴びると肌が炎症して赤くなり、炎症が落ち着くと日焼けによって色が黒くなる。
・波長が少し短いので真皮への影響はないが、表皮には膨大なダメージを与えるので表皮細胞やDNAを傷つけてしまいます。

紫外線が与える乾燥肌への影響

紫外線が乾燥を引き起こすのは、UVAとUVBが原因です。

乾燥肌 紫外線 ストレス

http://tarumi-sayonara.seesaa.net/article/384817389.html

UVAは真皮層まで到達してダメージを与えるため「コラーゲンやエラスチン」が破壊されます。

コラーゲンはネットのような形状をしていて、エラスチンはコラーゲンのつなぎ目の部分に存在してハリを保っています。コラーゲンの網目の中には、水分を保持するヒアルロン酸が存在しています。コラーゲン繊維が破壊されてたるんでしまうと、ヒアルロン酸は支えを失って水分を蓄えられなくなります。

乾燥肌 ストレス 紫外線

http://rumah-hati.com/hj-global/concept/ingredient.html

UVBは表皮細胞の機能を低下させるため、煉瓦作りのように積み上げられている細胞のラメラ構造が崩れます。ラメラ構造が崩れると、角質層の保湿成分が失われて細胞間が隙間だらけになり水分がどんどん蒸散してしまいます。

どんなUVケアを選べはいいのか?

乾燥肌 ストレス 紫外線

日常生活の場合は、どのようなUVケア用品を選べばいいのでしょうか?

SPA値15~30程度、PA値++程度で、洗顔料や石鹸で落とせるものがいいでしょう! SPA30~50、PA値+++〜++++程度やウォータープルーフなどはレジャー用としてはいいですが、普段使いには不向きです。

内容や成分などさまざまなものが出回っています。肌の乾燥が強い場合は皮膚科などにいって処方してもらうほうがいいですね。帽子や日傘、長袖なども使って紫外線対策をしましょう!

ストレスと紫外線が乾燥肌を引き起こす、そのメカニズムを調べてみました。どちらも日常から切り離せないもの、上手くストレス発散や紫外線対策をしながら乗り切っていきましょう。