それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

水素水で本当に血圧は下がるのか?高血圧の人が飲むとどうなる?

   

水素水 高血圧

生活習慣病のひとつとして「高血圧」がありますね。

偏食や運動不足、喫煙やストレス‥
普段なにげない生活習慣が病気の原因となり、進行を促進してしまいます。

習慣というのはやっかいなもので、無意識に定着していてなかなか変えるのはむずかしい。無意識にしている習慣を意識的に変えなくては改善しないのです。

人間は変わることがストレスになる生き物。だからこそ、今の生活に簡単に取り入れることができる水素水に注目されているのかもしれません。

スポンサーリンク

高血圧を改善するには?

水素水 高血圧

高血圧は遺伝的要素も強いです。両親が高血圧の場合は子供の約50%、片親なら約25%がが遺伝すると言われています。その傾向があるひとは、普段の生活から見直す必要がありますね。。

塩分の取りすぎ
肥満
過剰なストレス
大量アルコール摂取
喫煙
運動不足

これらが高血圧の原因になるものです。塩分、アルコール、喫煙は嗜好的な要素も強く改善には努力が必要ですよね。ストレスは現代人の最大の悩みであり、肥満や運動不足は疲労でなかなか気がすすまない現状が垣間見れます。

高血圧が引き起こす病気とは?

水素水 高血圧

危篤な病気を引き起こす引き金となる高血圧。生涯のバンデとなる障害にもつながります。

・脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)
・心疾患(心筋梗塞、狭心症など)
・腎臓病(腎硬化症、腎不全)
・動脈硬化から起こるさまざまな病気

スポンサーリンク

水素水は本当に高血圧に効くのか?

水素水 高血圧

高血圧を改善や予防するためには「血中の活性酸素や過酸化脂質を蓄積せず早めに除去する」ことが重要です。

【高血圧に良い理由】

・抗酸化作用により血中の活性酸素を除去することが出来る
・分子が小さいのでスムーズに血液に溶け込ませることができる

高血圧にならないためには体内に余計な活性酸素を溜めておかないことが大事です。水素水は他の抗酸化物質と比べると効果的に活性酸素や過酸化脂質を取り除けるのが特徴です。

高い抗酸化作用がある水素分子はとても小さいので、血液に入り込むことが出来ます。そのことで活性酸素の生成を防げ、高血圧の予防に向いている「奇跡のお水」として扱われる理由なのかもしれません。

水素水のすごい威力とは?

水素水 高血圧

血圧は血液が全身に送り出される際にとても大事なもの。血圧が基準値以上の状態が続くと一般的に「高血圧」と言われます。

【血圧の目標値の目安】
・診察室では140/90mmHg未満
・家庭では135/85mmHg未満

血圧はストレスのかかり方によっても変動し、蓄積してしまうと一気に血圧が上昇してしまいコントロールが難しくなります。そうなると活性酸素が出てしまい、身体に与えるダメージも大きくなります。その予防として効果的なものが水素水で、まさに画期的なものなのです。

水素水を飲み続けたある男性は、水素水を飲む前の血圧が180でしたが、水素水を飲んだことで130台まで下がったという例もあります。

もちろん個人差もありますが、水素水を摂取することで活性酸素が過酸化脂質の生成を予防してくれる効果は十分に期待できます。血流の流れが悪くなることを阻止できるので血流改善にも役立つのです。

 

なりより簡単なのは「水素水を飲む」ということを生活のなかに取り入れるだけでいいのです。今までやってきた「生活習慣を変える努力」は、並大抵なことではありません。水素水の特徴を利用しながら、習慣の改善を少しずつしていくのが最善なのではないでしょうか。