それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

慢性の疲労でも水素水は効果があるの?アスリートも選ぶ理由とは

   

水素水 疲労

寝ても寝ても疲れが取れない!
朝起きても、なんだかダルい!

「今日も疲れたな¨」毎日この言葉を口にしていませんか?

通常の疲れなら休養をとることで疲労も解消されますが、
現代人の60%は疲労を感じていて、その半数は過労の状態と言われています。

慢性の疲労の場合は「脳が疲れが解消していない状態」で、脳以外の他の部分も機能が下がることが分かっています。

水素水は疲労を蓄積させない効果がある?!

毎日、激しいトレーニングで過度の運動をくりかえし、常に向上をめざし精神的なプレッシャーも多いアスリート。
肉体的にも精神的にも鍛えぬいているアスリートの疲労は、想像以上に身体に負担をかけていることでしょう。それと同時にトレーニングと同じくらい大事なものは「体調の管理」

そんなアスリートからも、水素水は注目を浴びいます。

水素水を飲むことは、疲労とどのような関係と効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

疲労に水素水が効く理由は?

水素水 疲労

疲労の原因は体をつくる「体内活性酸素」その原因を除去して、普段の疲労をなるべくためない体質作りが大切なんです。

【体が疲れる原因は】

「体内活性酵素」が排除や除去がされないで溜まっている状態。「酸化ストレス」が疲労の原因です。

通常は体内の「抗酸化作用」により活性酸素は除去されます。抗酸化作用とは身体の酸化(サビ)を防いでくれているということです。
抗酸化作用の処理能力を上回る活性酸素が増加すると、細胞を酸化させ細胞膜を壊したり、細胞を傷つけてしまい、さまざまな病気を引き起こす引き金になってしまいます。

体内にある「抗酸化酵素(SOD)」は、年齢に伴って減少していきます。歳を重ねるごとに「疲労感」を感じるのは、この酵素が少なくなり、疲労回復能力が遅くなっているからです。

疲労に対しての水素水の効果

・水素には「強い抗酸化作用」がある。
・細胞の端から端まで行き渡って、活性酸素を除去してくれる
・蓄積されてしまった疲労やその原因となる活性酸素を排出してくれる
・活性酵素が除去されることで、代謝機能も高まり「疲れにくい体」を作ってくれる

水素水は身体に溜まってしまった「悪性活性酸素」と結合することで自然と疲れない体を手に入れることができます。体内細胞の代謝機能も上げてくれるので。より疲労回復効果が現れるのです。

スポンサーリンク

アスリートも選ぶ理由

水素水 疲労

スポーツ選手が最も大事にしている「体調管理の1つ」として水素水を取り入れている!

水素水は健康や美容面でも、とても注目度が高いお水です。運動する時にも効果があると言われ、一流のアスリートである「イチロー選手やゴルフの石川遼選手」が水素水を飲んでいることが話題となりましたね。

・体の疲れが残りにくい
・体の調子がいい

スポーツ選手は一般人と比べると、ハードなトレーニングをしていますよね。そのために多くの酸素を消費して、体に良くない「悪玉活性酸素」の発生率が増えてしまいます。悪玉活性酸素が多くなると、疲れや筋肉疲労が起こります。

水素水を飲むことで、体内の「細胞組織を活性化させる」ことができるのです。それが身体に好影響を与え「快調な体」として実感できるのではないでしようか。

休日は一日中寝てたのに、疲れが取れなかった‥という話もよく聞きます。一般人よりも体を酷使しているスポーツ選手。その人たちも、体調管理の一つとして水素水を飲んでいます。軽やかな体を目指して、水素水を生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか?