それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

水素水を継続購入するならサーバーの方が安い?!デメリットは?

   

水素水 継続購入 サーバー

http://水素水サーバーランキング.asia/

水素水は購入するより作った方が安い?
水素水は購入するのと生成器(サーバー)なら、どっちがいい?

水素水は購入するよりも、自分で作って飲んだ方がコスパが良いというのは本当でしょうか。

水素水を効率よく使うなら、どちらか良いのか調べてみました。

スポンサーリンク

水素水は自宅で作る時代?!

水素水 継続購入 サーバー

http://水素水サーバーランキング.asia/

水素水生成器(サーバー)で、毎日自宅で手軽に飲みたい!という人が増えてきています。

健康や美容のために浄水器などのお水ではなく、より健康面で良いとされている水素水を飲むことが選べる時代になりました。

もちろん通販で水素水を購入するのも良いのですが、毎日飲むならコストもかかります。
家族みんなで飲むなら、購入の手間を考えるとこちらに切り替えたいと考える人も多いのではないでしょうか。

・新鮮な水素水を体に取り入れることが出来る
・水素水は飲むだけでなく料理に利用できる

その都度購入すると送料もかかってきます。
水素水生成器(サーバー)なら、作りたての水素を飲めるというメリットがありますね。

水素水にとって重要なのは「水素濃度」です。その効果がなかったり、低いなら水素水の美容・健康効果も期待できなくなってしまいます。

関連記事:水素水の効果と効能は何が期待されてるの?初回購入の基準は?

スポンサーリンク

水素水生成器(サーバー)のコスト

水素水 継続購入 サーバー

家庭用の生成器は、取り付け工事もなく、大きな手間がかからないことが良いですね。大きくもないので特に場所を選ばないですし、いつでも簡単に新鮮な水素水を飲むことができるのです。

水素水生成器(サーバー)には、いくつか種類があります。「水との化学反応を活用するもの」と「水を電気分解する」という方法のものです。

・電気分解方式
・マグネシウム化学方式

そのなかで
・温水と冷水が出るもの
・常温のまま
・水道水を使用できる
・水道水を使用できないもの

このように分けられます。

化学反応によって水素を作るサーバーは、お値段的には割と安いのですが、ある期間にマグネシウムなどの水素発生剤と呼ばれるものを交換する必要があります。

電気分解方式では、交換するものはあまりないのですが、その変わりお値段は高いものが多いです。

水素水 継続購入 サーバー

http://tune-blog.cocolog-nifty.com/suisosui/01_2/index.html

★水素濃度が期待できる「電気分解方式・常温のまま・水道水を使用できない」サーバーを選びましょう。

温水、冷水が対応のものは、水素水が抜けてしまいます。水道を使用するものは、ろ過する段階で水素濃度が落ちてしまいます。

★上記の生成器(サーバー)は、コストが多少かかります。

・レンタル
・購入

生成器(サーバー)を購入すると、10万円以上の出費となるでしょう。それを1年使用すれば、月に10000円前後、2年使用すれば、4~5000円前後になります。

使用頻度が高ければ、市販の水素水をネットで買い続けるより出費を抑えられますね。

他のデメリットは、
・機械ものなので、メンテナンスは必要。
・経年劣化で、水素濃度が落ちる可能性があり。

これに対しては、どんなものでも当てはまることですね。

・通販で購入する水素水のコストを浮かせる。
・新鮮な水素水を飲める。
・水素水濃度がしっかりある水素水
・料理など多様化したい

このなかでも「水素濃度がしっかりある水素水」というのは、魅力です。新鮮でも、大量に飲めても、水素濃度が低ければ、自分が望んでいる効果が得られないということになりますからね。

水素水生成器(サーバー)を選ぶ理由は、人それぞれです。しっかりランニングコストを確認してから手に入れましょう。