それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

糖尿病や予備軍にも効果的?!水素水がすい臓に与える効能とは

   

水素水 糖尿病

水素水が糖尿病に良い効果をもたらすことを知っていますか?

生活習慣病の一つとされている、糖尿病。

糖尿病患者は年々増え続けて現在、糖尿病が強く疑われる成人男女が、950万人を上回っているそうです。

水素水が糖尿病に効果があると言われています。水素水の力と糖尿病の関係性を調べてみました。

スポンサーリンク

糖尿病と水素水の関係は?

水素水 糖尿病

すい臓の働きを助けてくれる水素水。機能不全を改善したり、予防策の一つとして注目されています。

水素水は糖尿病リスクを減らし、改善効果があると言われています。
糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が低くなることで起きてしまう病気です。

インスリンの分泌量が少ないと、血糖値の調整が上手く行われないので、高い血糖値の状態となり体調不良が生じてきます。

すい臓のβ細胞と呼ばれるものが活性酸素にとても弱いので、β細胞の負担を減らす手法として、水素を活用し活性酸素の排除に効果があるとされています。

主に細胞膜は脂質で作られているのですが、この細胞膜の脂質が酸化してしまうことで、過酸化脂質と変化し細胞機能に害がではじめます。

水素は細胞に効果があるとされ、特に悪影響の原因となる活性酸素を除去し、活性酸素を害のない水に変える作用があると医療現場で注目されているのです。

水素水はすい臓のβ細胞の機能不全を改善したり、予防策の一つとして取り入れている病院も増えているようです。

水素水が高血糖に役立つ理由

水素水 糖尿病

水素水が注目される大きな理由は、「血糖値を下げてくれる効果がある」ということです。

糖尿病とは、血液中にある糖分の値が上昇することで「高血糖」と呼ばれる状態になります。血糖値が高いことで、さまざまな疾患にかかってしまうリスクも上がり、現代病の一つとなっています。

血糖値が上昇する理由は、すい臓が分泌するインスリンの減少が原因で起こります。

血液が高血糖になってしまうとさまざまな悪影響が出てきてしまい、慢性的な高血糖になると、臓器に障害が生じてくる可能性があるのです。

水素水にはそのような状態を予防してくれる、強い抗酸化作用があると言われています。

水素水に含まれる水素が「酸化してしまった活性酸素の毒性を穏和させ、体に良い物質に変えてくれる」というもの。

水素で活性酸素を除去できれば、すい臓が悪くなる原因も抑えられるということになります。

この作用によって、インスリンの分泌異常も防げるので糖尿病になるリスクを低くしてくれるのです。

スポンサーリンク

水素水で、糖尿病は治らない!

6959466efc37cb0561f7dd47e1840e49_s

水素水を飲むと「糖尿病が治る」というものではありません。

水素水は、すい臓の働きを助けるということを書いてきましたが、水素水は補助的なもの、効果が期待できるものです。

2型糖尿病の改善や予防は、食事療法や生活習慣の見直しが基本です。今までのような食事やアルコール摂取で、すい臓に負担をかけないようにしましょう。

すい臓のβ細胞の機能不全は、活性酵素が関わっていること間違いないので、補助食品として試みてみるのは、良いと思います。糖尿病の治療が必要な人は、医師の指示に従ってするようにしてくださいね。