それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

何歳から始るの?子供の歯ぎしりといびきがヒドイ!原因と対処法

   

子供 いびき、歯ぎしり

すごいストレスを抱えてるの?
なにか嫌なことがあったの?

子供のかわいい寝顔をみていたら、聞こえる「ギリギリ‥ゴリゴリ」する音。もしかして、歯ぎしり?!

私の子供も3歳くらいから「歯ぎしり」をしています。年々、ギリギリする音が大きくなっている気もします(笑)

睡眠中に気になるもう一つもの「いびき」

「グーグー」「ガーガー」と大人と同じような大きな寝息をあげて寝ていませんか?

「今日も疲れて良く寝ているな¨」と思うかもしれませんが、もしかすると他の病気がそうさせているのかもしれません。

睡眠は子供の成長や健康に大切なもの。分かっているからこそ、寝ているときの子供の様子が気になりますよね。

スポンサーリンク

子供の歯ぎしりが酷い‥治療の必要は?

子供 歯ぎしり いびき

成長の過程に出る「一過性の歯ぎしり」ほとんどの場合は問題がありません。

大人の歯ぎしりとは違い、子供の歯ぎしりは成長に応じてすることがほとんどです。10歳以下の子供では、約4割の子供が歯ぎしりをしているそうです。

【歯ぎしりの原因】
・顎(あご)の成長
・乳歯、永久歯の生え変わり

歯ぎしりが与える子供への影響は?

子供が歯ぎしりする理由は「自分でかみ合わせを調整し、整えている」ということです。

1.顎が成長すると乳歯の間に隙間が生まれます。歯と歯の隙間ができるので、以前のかみ合わせとは変わってしまいますね。かみ合わせをちょうどよく調整するために歯ぎしりをしているのです。

2.乳歯から永久歯へ生え変わり時期も、かみ合わせのバランスが変化するので歯ぎしりを起こしやすいのです。

歯医者で診てもらう時期は?

「歯ぎしりが酷い」「どうしても気になる」なら小児歯科を受診しましょう!
子供の歯ぎしりの治療として、マウスピースはあまり使われませんが、相談することは可能ですよ。

6歳ころを中心として、4~9歳ころに「6歳臼歯」がはえてきます。この歯はとても大事で、他の永久歯が正常に並ぶための目印となります。この歯の位置で、歯並びやかみ合わせが決まるのです。

・顎の異常
・かみ合わせ
・矯正の相談

気になることがあるなら、この歯がはえたころに一度行ってみるといいでしょう! 虫歯にもなりやすい歯なので検診で行って、ついでに相談してもいいですね!

子供のいびきの原因は?

子供 歯ぎしり いびき

子供のいびきの原因で多いのは「へんとう腺肥大」です。大人顔負けのいびきをかくなら、耳鼻科で診察を受けましょう!

いびきは呼吸によって、のどや鼻の粘膜が振動している音。へんとう腺が大きくなっていると、咽頭が狭くなるので、大きないびきの原因となります。

咽頭が狭くなって息が詰まってしまうと、無呼吸がおこります。日中でも口をよく開いているお子さんは要注意です。

無呼吸症候群の治療は「手術か保存治療」になります。手術の場合は全身麻酔で行い、入院期間は1週間程度になるでしょう。

【その他の原因】
・アデノイド(咽頭へんとう)肥大
・副鼻腔炎(蓄膿症)
・アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)

いびきが続くようなら、早めに医療機関を受診しましょう!

子供の睡眠の質を上げよう!

子供 歯ぎしり いびき

子供の成長と健康にかかわるホルモンは、夜に多く分泌されます。子供のころに「多く分泌される必要があるもの」もあります。

【メラトニン】
・夜になると多く分泌される
・眠気を誘発させる
・1日の体のリズムを整える
・1~5歳までに最も多く分泌される

必要以上に性的な成熟を抑える働きもあり、幼児期にたくさん分泌されることが大切です。

【成長ホルモン】
・睡眠中に分泌されるホルモン
・体の発達を促す
・運動で疲労した身体を修復する

睡眠は体だけでなく、情緒も安定させてくれます。子供にとって質のよい睡眠を与えるために、気がかりなことを1つ1つ解決していきましょう。