それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

共働き夫婦!子供の習い事を始めるときに考える実情と3つの工夫

   

共働き家庭 習い事

子供の習い事をさせたいけど¨
夫婦で働いているから、送迎は無理かも¨

共働きの夫婦にとって子供への習い事は、迷ってしまい決断するのがむずかしいですね。どうすれば子供に習い事させることができるのか、考える人も多いでしよう。

特に子供が小さく保育園や学童などを利用している場合、習い事をさせることで一番ネックになることがあります。

それは『送迎』です。

就学前や小学校低学年の子供たちは、習い事に親の送迎を必要としています。それができない場合、習い事をさせられないのが現実。

本当に共働きの家庭で子供に習い事をさせることは厳しいのでしょうか?

共働きの家庭でも、子供が習い事を始める前に「3つのポイント」を考えることで、その問題が解決できるかもしれません。

スポンサーリンク

休み日に習い事をする

共働き家庭 習い事

共働き夫婦は、この『休日を狙う』のがポイント! 子供の体調管理はしっかりと見てあげましょう。

ひと口に習い事といってもさまざまです。最近は「土日にレッスン」を行ってるところも増えており、共働き夫婦にとっては有り難いですね。休日なら送迎問題も解消されますし、安心して子供に習い事をさせることができます。

00市や△区の総合体育館や施設を借りて土日に、バレイを教えたり、フラダンスやキッズダンスを教えたりしているところもあります。
発表会もあり、しっかりと目標を持ってやっていましたよ! 

講師も実績のある人も多く、月謝も安価な場合が多いので気になるようなら施設に問い合わせてもいいかもしれません。

休日に習い事をさせるために大事なことは、子供の体調管理です。

平日は保育園や学童、休日は習い事ということになれば、子供が疲れてしまう恐れもありますね。

実際、そういった心配をしている家庭も少なくありません。子供に『無理をさせないこと』が重要です。子供が楽しそうに習い事をしていれば問題ありませんが、疲れが見えたときはしっかり休ませてあげてくださいね。

送迎がラクな習い事?

共働き家庭 習い事

「子供が1人で行ける場所」か「バス送迎している施設」を選べば、親の負担が少なくなります。

子供が一人で習い事に通えるのは、小学校高学年から中学以降でしょう。それまでは親の送迎を前提とした教室がほとんどですが、探せば送迎がラクなところもあります。

体操教室や水泳教室などスポーツ系の習い事は「バス送迎」している施設もあります。家の近くに停留所があれば、親の負担は少なくて済みますね。

・家から近い
・駅から近い
・子供が通っている保育園や学校から近い
・駐車場はあるか

家や学校から近い場合は、小学校低学年の子供でも一人でいくことができるかもしれません。

駐車場があれば車で送迎ができるので、夜間でも安心です。習っている人数が多いのに駐車場が狭かったり、入れにくかったりするとストレスになりますね。雨の日も考えて、駐車場を利用する場合はチェックしておきましょう!

習い事を始める前に、一度子供を連れて教室まで行ってみましょう。

スポンサーリンク

周囲に助けてもらう

共働き家庭 習い事

自分たちだけで抱えるのではなく、周囲に助けてもらうことで、スムーズに習い事をさせることができます。ただし、周囲にばかり頼るのはやめましょう!

祖父母に送迎をお願いしてみる

核家族化が進んでいるため、決して簡単ではありませんが可能であれば、祖父母に協力してもらうのもひとつの手です。
祖父母にとって『孫に会える時間』にもなり喜んでくれるかもしれません。

同じ習い事をする 近所の友人や知人と話してみる

近所に住む友人や知人と「話し合う」もひとつです。

・習い事に連れて行くのを友人や知人にお願いして、お迎えに行くのは自分が引き受ける。
・交代で送迎をする。
・送迎の手間賃やガソリン代などの名目で、お金やお菓子など感謝の気持ちをしめす。

友人や知人の関係は「持ちつ持たれつ」で成り立つもの。最初の約束事はしっかりと守り、あやふやにならないことが基本です。
普段、自分の役割はきっちりと果たしていても、働いているとお迎えにいけないときもありますよね。急なときでもお願いできるように、普段から感謝の気持ちを伝えることが人間関係をスムーズにします。

あまりやりすぎると相手も気を使いますが、たまに「お菓子やおみやげ」を渡すくらいの気づかいを持っておいたほうがいいでしょう!

共働き家庭は、比較的金銭的な余裕はあるかもしれませんが、時間はありませんよね。習い事一つでも容易ではないかもしれませんが、「子供がやりたい! やってみたい!」と言うなら、どこかで工夫してさせてあげたいものですね。