それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

母の日の贈り物は花がいい?本当にもらってうれしいものはなに?

   

母の日 贈り物

母の日の贈り物、あなたはどんなものを選んでいますか?

年一回のイベントなので、母親が欲しいと思うものをプレゼントしたいですよね。母の日の贈り物の定番といえば『花』ですが、花以外にもいろんな贈り物があります。

幼稚園児からママへ、小中学生からママへ
30代ママへの贈り物、60代母親への贈り物

渡す子供の年齢によって、喜んでもらえるものが違います。受け取るママの年代で、うれしいものが違うはず。

渡す側と受け取る側、それぞれの年齢も考えて「本当にもらってうれしいもの」はなんでしょうか?

スポンサーリンク

20~30代のママへの贈り物は?

母の日 贈り物子供からママへの贈り物は「手紙や似顔絵」が人気です。それプラス、パパからプレゼントがあるともっと喜ばれるでしょう!

20~30代ママは、赤ちゃんや未就園児など子供がまだ小さいところも多いですよね。子供が保育園や幼稚園に通っていれば、子供からプレゼントを貰うママも多いのではないでしょうか。

母の日の贈り物で人気があるのが「手紙や似顔絵」です。

子供が一生懸命に書いた絵や文字を見ると本当に感動しますよね。幼児に多い反対に書いた文字(鏡文字)も愛嬌たっぷりに感じてしまいます。

保育園や幼稚園では、母の日のイラストを描くところも多く『額に飾っている』という家庭も多いのではないでしょうか。普段からたくさんの絵や手紙をもらいますが、母の日のイベントために真剣に書いてくれたものはやっぱりうれしい。

子供の贈り物と一緒に『パパからも贈る』というところも多いでしょう。パパからは「花・スイーツ・小物類」などを贈るとより効果的ですよ!

普段ママに伝えきれない感謝の気持ちがきっと伝わると思います。

30~40代のママへの贈り物は?

母の日 贈り物子供からの「手紙」は何歳になってもうれしいもの。お小遣いを貯めて「料理グッズや掃除アイテム」などをプレゼントするのもいいですね。

30~40代ママは、子供が小学生や中学生というところも多いのではないでしょうか。

小学生であれば、自分で母の日の贈り物を考えることができますね。よくある「お手伝い券」は忙しいお母さんはうれしいですよ。仕事で疲れているなら「肩や足のマッサージ券」も喜んでくれるでしよう。

中学生であれば、お小遣いでプレゼントを考えるかもしれません。もし何か物でプレゼントを考えるなら、最高でも3000円くらいにおさえましょう。3000円以内でも、貰って嬉しいものはたくさんあります。子供がお小遣いからやりくりして「自分のためにプレゼントを選んでくれた」ことがうれしいのです。

プレゼントと一緒に一言メッセージも書いてくれたら「明日からもがんばろう」と元気になってくれるはず。

気持ちがこもっていれば、お金をかけなくても十分喜んでくれます。手作りのスイーツや兄弟姉妹で作った手料理など、工夫してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

50~60代の母親への贈り物は?

母の日 贈り物母親の好みや趣味にあった欲しいものを贈りましょう。物に無関心なら、普段しないようなことを提供するのもいいですね!

この年代になると、子供たちも独立し、結婚しているところも多いのではないでしょうか。

母の日のプレゼントも、少し奮発して高級なバッグや財布などを選ぶのもアリですね。贅沢に高級レストランで食事なんてプランも良いでしょう。

子供が「未婚なのか既婚なのか」でも違いますね。既婚者なら、旦那さんや子供たち(孫)と一緒にプレゼントするところも少なくありません。

50~60代のママに人気の贈り物は、『母親の好みや趣味に合ったもの』です。健康を気遣って健康グッズや話題の健康食品。欲しいものを一緒に買いにいくのも確実でいいですね。

「特に欲しいものはない」と言われたら、普段絶対しないようなことを提供してみてはいかがですか?

・高級品のお取り寄せや食事のプレゼント
・普段行かないハイキングなどスポーツに誘ってみる
・ミュージカルやコンサートチケットを渡す
・メイクアップ体験やパーソナルカラー診断に連れて行く

あまりに突拍子のないものはダメですが、自分の知らない未知の世界を知ることは楽しいですよね。母親も普段と違う行動で、リフレッシュでき、新たな趣味へと発展していくかもしれません。

 

母の日の贈り物で喜ばれるのは「心遣い」ですね。自分のことを思い考えてくれた。それが伝われば、どんなことでも喜んでくれると思いますよ!