それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

紫陽花の色の変化!同じ苗からピンクや青紫系の花が咲く理由は?

   

紫陽花 色 変化

「紫陽花イメージって何色!?」と聞かれると何色と答えますか?

やはり青や紫などを思い浮かべる人が多いのでしょうか。

いろんな色に変化する紫陽花。
紫陽花は花言葉で「移り気」「変節」「浮気」といった意味を持っています。

少しく寂しい花言葉ではありますが、咲いている間に花の色を変化させていく、その姿から想像できますね。

同じ苗からでも、ピンクや青紫など違う色の花が咲いている紫陽花もあります。
紫陽花の色が変化していく理由は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

紫陽花はいろんな色に変化する!

紫陽花 色 変化

紫陽花は「咲いている間」にも色が変化していきます。その理由は3つ。

1.アルミニウムの量

根がアルミニウムを吸収しやすいか、どうかで花の色が変化します。

紫陽花の色の変化は、アルミニウムの量によって決まります。アルミニウムは、土から根へ吸収し変化します。その根がアルミニウムの吸収をしやすいかどうかで、同じ苗でもさまざまな色に変化していきます。

アルミニウムの吸収量が多いと、どんな色に変化するのでしょうか?

それはズバリ「青色」です。逆にアルミニウムが吸収しにくい場合「赤色」になるといわれています。アルミニウムは、酸性土壌で溶けやすく、アルカリ土壌では溶けにくいのが特徴です。

酸性の土にすると「青色」に、中性~弱アルカリ性になると「ピンク」の紫陽花になるのが特徴です
紫陽花によくある『青紫』のような色は、もともとピンクの花を持つ品種の紫陽花を、酸性土壌で植えた場合に起こります。

白色の紫陽花は、色素を持っていないため、酸性の土でもアルカリの土でも「色の変化」はなく育ちます。

スポンサーリンク

2.補助色素

紫陽花の色の変化のひとつである『補助色素』 この補助色素がないと、紫陽花の色は変化しません。

この補助色素は、紫陽花の中で作られています。有機酸の一種で、無色の成分が特徴です。花に色がつきはじめる毎に、花の中で合成されているんです。

補助色素がないと、紫陽花の色は変わりません。

もちろん補助色素だけでは変化しませんが、アルミニウムの吸収量と補助色素、あと「もうひとつの変化」が合わさったとき、紫陽花はさまざまな色に変化していくのです。

3.アントシアニンの影響

紫陽花 色 変化

『もうひとつの色の変化の理由』が『アントシアニン』です。アントシアニン色素も、補助色素と同様に紫陽花の中で作られています。紫陽花の色には、土壌のPH値が大きく関係してきます。アントシアニンは「酸性の土で溶けやすい」という特性を持っています。

育つ土によってその国に『どんな色の紫陽花が多いのか』というのが分かります。

日本の場合、土壌は「弱酸性」が一般的ですから『青色の紫陽花』が多いのでしょう。
逆にアントシアニンが溶けにくい土壌(アルカリ性の土壌)の場合、赤やピンク色の紫陽花になります。ヨーロッパの紫陽花は、ほとんどがピンクだそうですよ。

青色の紫陽花が咲いていた場合、酸性の土壌
赤やピンクの紫陽花が咲いていた場合、アルカリ性の土壌

そう覚えておくとわかりやすいですね。

母の日 プレゼント

「真っ白い紫陽花」も見かけることがありますよね。この紫陽花は「アントシアニン」を持っていないので、土の酸性やアルカリ性に関係なく、真っ白な花を咲かせます。

「咲き始め~咲き終わり」も色の変化はあります。

咲き始めは「緑かがった花の色」をしていて、一番美しく咲くころに、緑がかった色が薄くなり、アントシアニン作られ「青やピンク」に発色します。咲き終わりは「花の色にくすみ」が現れ変色していきます。

 

いろいろな要素が重なって、紫陽花の色が変化してことがわかりました。「今年はどんな色をつけるのだろう?」毎年同じ場所、同じ苗で育っていても、1年ごとに花の色の変化を楽しませてくれているのです。