それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

登山初心者が特に注意することはなに?服装それとも心得が大事?

   

初心者 登山

自分への挑戦に山登りを始めた人
山登りすると、がむしゃらになって悩み事を考えることがないから¨

近年は、キャンプや登山をはじめとした、アウトドアを楽しむ若い人が増えています。

山に登る理由も「ただ楽しいから¨」「ストレスを忘れたいから」などさまざまです。

ひと昔前までは、山というと男性のイメージがありました。最近では『山ガール』や『登山ガール』という言葉も流行り、若い女性でも登山を楽しむ時代になりましたね!

時代の流れで始める人も多いのですが、登山にはさまざまな危険が潜んでいます。

登山初心者が安全に登山を成功させるには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

登山初心者 単独行動はやめましょう!

初心者 登山

初心者のうちは慣れた人と一緒に登るか、登山ツアーに参加しましょう。

はじめて登山をする方は、慣れた方と一緒に登るほうが安全です。単独行動は「遭難やケガ」の危険性が高くなります。経験者が同行していれば、万が一のときでもすぐに対処してくれるので安心です。

登山経験があるといっても、1~2度の経験ではやはり心配ですね。山の中では、日常と対処方法が変わってきます。助けを呼んでも「どのくらいの時間で来てくれるか」「携帯電話もつながるか」わかりません。できる限り登山経験が豊富な信頼できる方と一緒に登るようにしましょう。

●登山ツアーに参加する

登山ツアーは団体行動が基本です。必ず『初心者コース』を選択するようにしてくさい。

身近に経験豊富な知り合いがいない場合は、登山ツアーに参加するのがいいですね。ガイドさんは当然、経験が豊富ですし、山の歩き方の心得も教えてくれるでしょう。

私の知り合いのガイドさんはプロ意識が強く、「ケガなく無事にお客さんを下山させること」それに対してものすごく神経を使っていると話していました。

ツアーを利用する場合も、口コミ情報などを参考に信頼できるサイトを選びましょう。

初心者の場合は「いきなり富士山を登る」ではなく、小さい山を登ることから始めた方が良いでしょう。

山登りの心得もでき、経験をステップアップさせたほうが、富士山を登ったときの感動も大きいのではないでしょうか? ちなみに富士山など人気の山は、すぐに定員が埋まってしまいます。登りたいひとは早めの予約したほうがよいでしょう。

 

山登りのシミュレーションをしよう!

初心者 登山

登りたい山が決まったら、登山のシミュレーションをしましょう。

下調べは大事です。目的に到達するまでスムーズに行えますし、もしトラブルがあっても焦らず回避することができます。
登山地図やガイドブックなどをしっかりチェックし、危険な場所や道のりなどをシミュレーションしておいてくださいね。

地図には「標高や歩行時間、山小屋の場所」など詳しく記載しているものもあります。基本情報がしっかり載っている地図を選び、危険な場所での対処法なども事前に学んでおきましょう。

スポンサーリンク

登山に必要なことは?

服装はもちろんのこと「心得」もとても大切です。

●服装

服装は、山登りに適したスタイルを着用しましょう。

乾きやすい素材のもので、綿やジーンズなどは不向きです。アンダーウェア(下着、肌着)は冷えを防ぎ、吸湿速乾で保温してくれるものがオススメです。薄いものを何枚も「重ね着」できて、調整できるものがいいですね。

初心者 登山

http://pockets.jp/03tour/parts/cloth_tremt.html

・春~夏
(上)アンダーウェア(化繊)の上に長袖(保湿効果あり)+ベスト 
(下)タイツ+ショートパンツ

・秋~初冬
(上)アンダーウェアの上に長袖(保湿効果あり)+外着(雨風を防ぐもの)+ウインドブレーカー(レインウェア)
(下)化繊下着+ジャージor化繊スボン

関連記事:山登りの服装は春夏秋冬で変わるの?初心者が登山ウェア買うには

 

初心者 登山

http://azarashi.blog.so-net.ne.jp/2011-04-24

・レインウェア
・着替え
・防寒着
・グローブ(保湿や防水性があるものなら尚可)
・帽子(ツバがあり、風で飛ばないものがベスト)
・懐中電灯

初心者の方が、巷でいわれる登山用品をすべて用意する必要はありません。初心者向けのコースがある山、自然歩道のコースなら、普段使いのもので代用しても大丈夫です。

道が舗装され整備されているなら、スニーカーでもいいのです。ハイキング程度なら、ザックではなく、普段使っているもので代用できます。

登山用品はあれば便利ですが、最初から揃えるには少しハードルが高いですよね。

まずは代用品で簡単に登れる山から登り、徐々に難易度をあげて、その都度必要だと感じたものを買い足していくのがいいでしょう。登山の経験から、本当に必要な物や必要な性能など見極める力もついてくるはずです。

もし買うなら「登山靴」です。

長時間の山歩きは、足のフィット感で疲れ方が変わります。同じサイズでも履き心地が違うので、「試し履き」してから買うようにしてください。アドバイスを受けたいなら、登山専門店での購入がオススメです。

関連記事:初心者はどんな登山靴を選べはいいの?スニーカーとの違いなに?

【山登りのおススメの季節は?】

初心者であれば、気候が穏やかな3~5月頃の低山がオススメ。高い山だと雪が残っているかもしれません。

9~11月も紅葉があり、山登りには良い季節です。9月中旬ごろには、天候も落ち着くことが多いので、天気予報などをチェックして挑戦してみるといいですね。

真冬や雪が多い山、真夏の暑い日も初心者には適していません。6~8月は梅雨時の気候に注意し、夏でも防寒着とレインウエアは忘れないようにしましょう。

●登山の心得

『自分の身は自分で守る』ことを意識する。たとえ初心者でも、経験者やツアースタッフばかりに頼っていると、万が一のときに危険です。他人任せではなく、自分の責任、自分主体だということを忘れずにいましょう。

 

登山は道中は大変ですが、山頂に辿りつき、見下ろす景色は格別なものがありますね。険しく辛い道のりが、日常を忘れさせてくれ、山頂というご褒美が心身をリフレッシュさせてくれているのかもしれませんね。