それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

初心者はどんな登山靴を選べばいい?スニーカーとの違いはなに?

      2016/03/22

初心者 登山 靴

http://kong.hida-ch.com/d2013-04.html

初心者にとって、登山靴は歩きにくいもの。
そして、不慣れな登山は、ケガが多く足を守ってくれる存在です。

初心者向けの山や自然歩道なら、スニーカーでも大丈夫。登山靴でなくてもいいでしょう。

そもそも、登山靴とスニーカーの違いはなんなのでしょうか?

今は必要がなかったとしても『どんな靴が良いのか、違いはなにか』を知っておくことが大切です。

初心者が登山靴を選ぶときは、どのようなことを気をつければいいでしょうか?

スポンサーリンク

登山靴選び 4つのポイント

初心者 登山 靴

http://yama-gear.com/boots/merrell-shoes.html

登山靴の選びかたは、ポイントが4つあります。

1.ソールが固いもの。
2.ハイカットの登山靴。
3.アッパー素材であること。
4.防水性。

1.ソールが硬い

ソールの硬さはある程度は必要です。少し「しなる」程度のものがいいでしょう! 

登山靴は、ソールが硬くなっているものが多く、理由はデコボコ道でも歩きやすくするためです。

ソールの硬さの程度はさまざまです。使用目的、環境や条件などによって選ぶものが変わります。

硬すぎるソール(重登山靴)は、岩場など登るときや30~40㎏の荷物を背負うと安定感があり歩きやすいと言われてます。そういった山登りをする人に硬すぎるソールが選ばれています。

長時間の山道を軽い荷物で歩く場合は、ある程度の「しなり」があるソールが疲れいくく、無理なく歩くことができるでしょう。
足の裏も曲げにくくなるので、ソールの固さはしなる程度の固さのものを選びましょう。

2.ハイカット靴

初心者 登山 靴

http://tabing.hatenablog.com/entry/2014/07/27/023301

そのなかで登山にもっとも適しているのは『ハイカット』です。

登山靴には、ハイカットをはじめ全部で3つのタイプがあります。ハイカットは、足のくるぶしまでカバーされており、足首をしっかり固定してくれます。そのため、足への負担も抑えること、捻挫の予防効果も期待ができるでしょう。

3.アッパー素材・防水性

初心者 登山 靴

http://circles-jp.com/blog/27404/

オールシーズン対応の登山靴といえば「アッパー素材で防水性の靴」です。

・オールシーズン使える
・長持ちしやすい
・衝撃に強い
・足になじみやすい。

スエードやヌバック素材の登山靴もありますが、どの季節でも履けるこの靴はオススメです。衝撃にも強く、足へのなじみもいい。長持ちしやすいのもアッパー素材の靴で、防水性のものもありますよ。

スポンサーリンク

スニーカーと登山靴の違いは?

初心者 登山 靴

●登山靴のメリットは、靴の重さによる「安定感」と構造による「安全性」があります。デメリットは「履き心地の悪さと重くて疲れる」ことです。

●スニーカーのメリットは、「軽さと柔らかさ」です。履き心地がよく、疲れにくいですね。デメリットは「安全性」がないこと。

【登山靴とスニーカーの違い】
・ソール(靴底)の硬さ

「登山靴」のソールは硬さがあり、山道の石や岩のデコボコでも歩きやすい。
「スニーカー」は柔らかいので、ダイレクに地面の刺激が伝わってきます。

・足首の保護(靴の形状)

山道では大きな石を踏んで、足がくねることがよくありますね。
「登山靴」のハイカットは、くるぶしを保護してくれたり、捻挫しにくいように足首を固定してくれます。
「スニーカー」は、ここの保護はありません。

・つま先、かかとの保護

「登山靴」はつま先は厚くなっていて、かかとの部分は硬いので、岩場や悪路から守ってくれます。
「スニーカー」は、ここの保護はありません。

・くつの重さ

「登山靴」は片足700g~1㎏に近いものがあり重たい。
「スニーカー」は、片足300~450gほどで軽い。

・シャンクの有無

「登山靴」にはシャンクがある。シャンクは靴の中にあるパーツのこと。これがあることにより、土踏まずのアーチを支え、体重がかかっても底に「ひずみ」を生じさせない役割があります。
「スニーカー」には、ありません。

登山靴を選ぶか、スニーカーを選ぶか、これは登る山の環境や条件によりますね。初心者では「登山靴」は、重く硬いので、歩きにくさを感じるようです。ですが、安全面はあります。

スニーカーは「ある程度の筋力」でカバーできるところもありますが、素材が柔らかいので不意にぶつけた場合は、ケガをする可能性が高いでしょう。

登山靴とスニーカーの中間のようなシューズ「トレランシューズ」もあるので、気になるひとはチェックしてみてくださいね!

その他の登山用ウェア

初心者 登山 ウェア

http://www.yatsu-trek.com/yukiyama_info2.html

登山はアウトドアですから、登山ウェアを選ぶときのポイントはアウター・インナー・アンダーの『3層』で考えます。

・アウターは、耐風・耐水のあるもの
・インナー(ミドル)は保湿や吸汗拡散のある素材
・アンダー(ベース)は保湿と吸汗速乾素材のもの

3つのレイヤリングで考えると、ウェアや小物を選びやすいといわれています。レイヤリングとは「積み重ね」という意味があり、重ね着することで相乗効果を発揮します。

季節によりレイヤリングを変えること!

春に登山を考えている方は、冬のような防寒アウターは不要ですね。フリースや長袖シャツさえあればちょうど良いでしょう。
冬は、ウェアの数も増えるので、特にインナーは重視したほうが良いでしょう。

関連記事:山登りの服装は春夏秋冬で変わるの?初心者が登山ウェア買うには
関連記事:登山初心者が特に注意することはなに?服装それとも心得が大事?

 

小物は、防寒着や帽子、バフ・ハット、モンベルなどです。登山は、冬でも焼けますから日焼け対策ができる小物も用意しておいたほうが安心でしょう。