それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

人見知りで1歳の子供!習い事をさせたら改善される?その実情は

   

1歳児 習い事

赤ちゃんのときは、なついてくれたのに、久しぶりに会うと大泣きしてしまった…
少し前までは、抱っこできたのに、今は絶対にムリそう‥

よくありますよね?

『以前は笑ってくれたのに』
『なついてくれてたのに』

そう落ち込んでしまいますが、これがいわゆる『人見知りの始まり』といわれています。

一般的に、人見知りは「生後6~7か月頃」から始まります。個人差が大きいので、早い子では「生後3~4か月」で人見知りが始まる子もいるといわれています。

いつまで人見知りが続くかは、人見知りが始まる時期によって異なります。2~3歳頃で終わる子もいれば、1歳頃に治まる子もいます。なかには、小学生に入学しても人見知りが治らないという子もいるでしょう。

『人見知りを治すために習い事を始めたい』という声をたまに聞きます。本当に習い事は、人見知り改善に効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

1歳児 習い事で人見知りをなおすには?

1歳児 習い事

何度も友達や先生と顔を合わせることで、人見知りをなくしていく!

1歳ですから、習い事の範囲もある程度決まってしまいます。たいていはママが同伴することになるでしょう。そうなると、習い事をしても母親から離れない…という子供は少なくありません。

それでも、通わせることに意味があります。

音楽や体操など「楽しめる習い事」は、通い続けることで周りの子たちとも打ち解けるようになるはずです。心理学で「単純接触の原理」として「何度も会う」ことで、「会うたび」に「親近感がわく」ということがいわれています。

ママが同伴せずに習い事をさせる方法もありますね。

母子分離がスムーズにできて、すんなり打ち解けることができれば問題ありませんが、逆に人見知りが悪化する子もいます。

人見知りを治したいがために、無理に母子分離をする必要はありません。まずは親子で習い事を楽しみながら、少しずつ慣れさせてあげるのが一番でしょう。

1歳児 習い事は雰囲気も大事!

1歳児 習い事

楽しく・安心できる・温かい空間 子供の習い事は『雰囲気』がとても大事です。

体験できる習い事は、どんどん体験させてあげましょう。子供が不安がっていたら、無理に習わせないほうが良いかもしれません。子供の習い事は『雰囲気』がとても重要です。

楽しく・安心できる・温かい空間

この3つが揃っている習い事であれば、人見知りの子供でも安心して参加してくれるのではないでしょうか。

児童館や託児保育のある講座などに連れて行くひともいますが、人見知りが悪化したというケースもあります。一見すると子供に良さそうな習い事でも、一度体験して上手くいかない場合は、無理に参加させないようにしましょう。

いろんな習い事を体験させてみてください。初めは、様子見でママから離れないかもしれませんが、子供がじっと見て、目で追っているようならきっと興味があるはずです。子供の反応を見ながら『これ!』という習い事をさせると良いでしょう。

スポンサーリンク

本当に人見知りは治る?

1歳児 習い事

どうしても個人差があります。その子の性格的なところもありますよね。
大人でも「人見知り」の人がいますが、話さないといけないときは、なんとか会話しようとがんばってるはずです(笑)

私の子供も同年代との関わりが少なかったので「人見知り」の子供でした。子供が近づいてくると泣いてました。仕事の関係で保育園の一時保育を利用するようになって、始めはギャン泣きしていましたが、2~3回行くころには慣れていました。今では、たくさんのお友達に囲まれて楽しく過ごしていますよ。

同年代とのかかわりが少なくて、人見知りな場合は習い事は有効かもしれません。

習い事で人見知りが治らなくても、成長とともに改善されるケースもあります。無理なく始めてみる。それが一番良い方法なのではないでしょうか。