それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

大量の寝汗は病気の前ぶれ?その原因と快適な睡眠環境の作り方

   

寝汗

パジャマが汗でびっしょり…

暑い日でもないのに、寝ているときに大量の寝汗をかいた経験はありませんか?

こういった経験は特に女性に多く、病気を心配される方は少なくありません。
ひどい場合は「寝汗で夜中に着替えをするはめになった」「汗が不快で不眠症」「汗による湿気で敷布団にカビがはえる」といった方もいます。

この大量の寝汗、大丈夫なのでしょうか。
「もしかしてこれって病気?」と不安になってしまいますね。

一体この大量の寝汗の原因は、何なのでしょうか?そして、治すことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

大量の寝汗の原因とは

寝汗 寝ている時にかく汗は健康の証。一時的であれば、問題ありません。

本来、寝ているときにかく汗は健康である証拠。生理現象ですから、決して病気ではありません。風邪をひくと、一時的に大量の寝汗をかく場合もあるでしょう。寝汗をかくからといって、必ずしも病気に繋がるわけではありません。

これらはあくまで『一時的な現象』の場合です。万一、寝汗をかき、症状が長引いている場合は注意が必要です。

・突然ひどい寝汗をかく。
・症状が長引いている。
・寝汗以外で不調を感じている。

これらに当てはまる場合、何かの病気が原因かもしれません。

寝汗が出るといわれている病気は「肺結核・バセドウ病・更年期障害・自律神経失調症」などが挙げられます。

女性であれば「ホルモンバランスの影響」でこのような症状が出るケースが多く、男性でもこれらの病気にかかっている方、「大きなストレスで自律神経が乱れている」ときは、突然大量の寝汗をかく場合があるでしょう。

寝汗以外で不調を感じる場合は、ただちに病院で診てもらう必要があります。

各病気の症状とは?

寝汗

寝汗以外に体の不調を感じた場合、どのような症状が出ていますか?

・頭痛や食欲不振、精神不安定などがある場合「自律神経失調症」の可能性があります。
・首が腫れ、体重の減少、動悸を感じる場合「甲状腺ホルモンの分泌に異常」がある可能性があります。バセドウ病と呼ばれる病気です。
・ホットフラッシュ(急なホテリやのぼせ‥)は「更年期障害」
・手足のしびれや視力の低下などは「糖尿病」の可能性が高いでしょう。

過労や風邪などが原因で大量の寝汗をかく場合、体調が良くなれば大量の寝汗はなくなります。一向に寝汗が治まらない方は、他の症状を観察し、病院できちんと検査を受けましょう。

スポンサーリンク

快適な睡眠環境の作り方

寝汗

1.睡眠環境を整える
室温を快適な状態にしましょう!エアコンで室温管理することはもちろん、寝具など除湿や寝汗シートの使用もいいですね。通気性や吸収性の良いものを使用しましょう! 

快眠グッズや良質のタオルなどに、こだわってみるのはどうでしょうか。寝具の不快感がなくなると、本当に寝やすくなりますよ!

2.寝る前はリラックスタイム
ストレスも大量の寝汗の原因になります。その日のうちにストレス解消できるように、リラックスタイムを作るほうがいいですね。

お風呂も寝る1時間前に40℃前後の湯船につかるようにしましょう! リラックスできる音楽や間接照明なども落ち着く環境をつくることができます。

3.アルコールの量に注意
アルコールの摂取量が多いと、大量寝汗の原因になります。ほどほどに止めておきましょうね。

4.漢方薬で体質改善
寝汗がひどく、日中の汗がとまっているようなら、体のバランスが崩れている可能性があります。

5.アロマを焚く
入眠儀式の1つとして、アロマを焚くのもいいですね。ラベンダーやカモミール、ローズマリーやサンダルウッドなどがおすすめです。

自分が「いい香り~」と思うものをチョイスしてみてくださいね。

まずは、寝汗の原因を知り、それを改善することです。病気が原因の場合、きちんと治療を受けることが先決になります。そのうえで、快適に寝れる環境を整えていくと良いでしょう!