それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

お賽銭に5円玉が好まれるには理由があった!ダメ硬貨と悪い賽銭

   

5円玉お賽銭に「5円玉」を入れる人は多いですよね。

「なぜ5円玉が良いのか¨」という理由を知っている人も多いと思いますが、一般的に、お賽銭に5円玉を入れるのは『5円=ごえん』からきています。

「もっと、願掛けしたい¨」

5円玉は、用意する枚数によっても意味合いが異なります。願う内容に合わせて5円玉を用意すると叶うかもしれませんよ!

お賽銭で5円玉は、入れる枚数によって縁起が悪くなることがあります。そして、お賽銭に向かない硬貨があるのを知っていますか?。

スポンサーリンク

 5円玉が好まれる理由は?

5円玉

5円=ご縁に恵まれ、穴開き=見通しが良い とされている5円玉

5円玉を見ると分かりますが、真ん中に穴が開いています。5円玉以外に50円玉も穴が開いていますが、この『穴開き』は『見通しが良い』という意味を持ち、縁起が良いといわれています。

その一方で『穴が開いているのは縁起が悪い』という意見の方もいます。「穴からご縁が抜けてしまう」と考えているようです。

人の価値観はさまざまですが、ほとんどの方は穴開き銭を「縁起が良いもの」としていて、お賽銭に入れるだけでなく、お守りとして持っている人もいます。

5円玉は枚数によって意味が違う!

・5円玉1枚 『ご縁がありますように』
・5円玉2枚 『重ね重ねご縁がありますように』
・5円玉3枚 『十分ご縁がありますように』
・5円玉4枚 『良いご縁がありますように』

5円玉2枚は「ご縁が遠のいてしまう」と考える人もいます。

スポンサーリンク

ダメ硬化があるって本当?

5円玉

それは『10円(5円玉2枚)』です。

5円玉は縁起の良いお金ですが、用意する5円玉の数によって注意が必要になります。5円玉を2枚用意した場合、『重ね重ね、ご縁がありますように』という意味と、「縁が遠のく」という意味、二通りの意味合いに捉えられます。

5円玉2枚の意味「重ね重ね」は、結婚式でも避けられている言葉ですよね。「同じことを繰り返す」というところに「これまでご縁が無かった人に、繰り返し同じことがおこる」とされているのかもしれませんね。

・5円玉13枚(65円) 『ロクなご縁がない』
・5円玉15枚(75円) 『ナんのご縁もない』
・5円玉17枚(85円) 『ヤっぱりご縁がない』

さすがに、お賽銭に五円玉を数十枚も、持って行く人は少ないとは思います。お賽銭は全てが「5円玉でないとダメ!」ということはありません。10円や50円、100円を使っても良いそうです。縁起担ぎするなら、お賽銭に入れる数字を意識するようにしましょう。

悪いお賽銭があるって本当?

5円玉

500円は「これ以上効果(硬貨)がない¨」という意味

お賽銭に500円を選ぶ人もいるかもしれません。500円玉は、最大硬貨なので「それ以上望めない」という意味になるそうです。「500円玉が良くない¨」ことを知らない人も多かったのではないでしょうか。

本当に大事なことは、「本人の感謝の気持ち」です。お賽銭は『お願い料』ではありません。

「願いを叶えたい」「叶えてほしい」からとお賽銭に入れるのは良くないそうです。

「日頃の感謝の気持ちを伝える」が前提にあって、「少しでも良いことがあるといいな」という、やんわりとした気持ちでお賽銭するのがいいでしょう。

『絶対に叶えて!』という気持ちでお賽銭をするのだけは避けましょう。せっかく良い語呂合わせにしても、悪いお賽銭となり、神様にもその気持ちが伝わってしまいますよ。