それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

世界でも珍しい日本お金!5円玉と50円玉なぜ穴があいてるの?

   

5円玉お賽銭で欠かせない5円玉。
多くの人は『5円玉=ご縁がありますように』という意味を込めてお賽銭に入れますね。

ピカピカで綺麗な5円玉や自分の生まれた年の5円玉は、お守りとして財布にいれている人もいます。

なぜ、5円玉は穴が開いているか知っていますか?

5円玉以外に、50円玉も穴が開いていますね。このポッカリ開いた穴にはきちんと意味があります。

お金に穴が開いているのは、世界的にみても珍しい。日本ならでは¨ということです。一体なぜ、5円玉と50円玉は穴が開いているのでしょうか? 

スポンサーリンク

5円玉や50円玉 穴開き銭の理由は?

5円玉

5円玉は偽造防止や他の貨種と区別するために穴が開いている! そして、節約の意味もあった!

造幣局のサイトによる、5円玉と50円玉に穴が開いているのは『他の貨種と区別するため』『偽造防止のため』と書かれています。

実はもう一つ、『原材料を節約するため』という理由があることが分かりました。穴開きの5円玉が発行されたのは、昭和24年頃です。戦後の急激なインフレで、お金を造るにも節約が必要でした。
このことから、5円玉が穴開きになったといわれています

50円玉はどうでしょうか?

穴が開いているのは、「区別のため」と「形が小さくなったこと」が関係しています。昔は、今のように穴が開いた50円玉はなく、サイズも少し大きかったそうです。
100円玉との区別が紛らわしかったことから、50円玉にも穴が開くようになったといわれています。

5円玉や50円玉 穴開き銭はお賽銭にも良い?

5円玉5円玉は、お賽銭の定番、もちろん50円玉も穴開き銭ですから、お賽銭にピッタリです。

5円玉は「ご縁があるように」という語呂合わせで使われていますが、穴あき銭は『先行きの見通しが良い』という意味にもなり、神様にも喜んでもらえそうですね。

一部『穴が開いていることで縁起が悪い』という意見もありますが、一般的に縁起が良いという意見が多いため、今でも変わらず5円玉をお賽銭に入れる人が多くいますね。

5円玉の数や金額にも、意味があります。

ダメなお賽銭は『10円』(もしくは、5円玉×2枚)です。
「重ね重ね、ご縁がありますように」という意味合いの反面、「縁が遠のく」という意味もあります。

5円玉が財布になく、やむを得ず10円玉を選んでいる人はいませんか?

その場合は、10円玉ではなく1円玉を足しましょう! 11円は『いいご縁』、21円は『縁が切れない(夫婦やカップルでお賽銭すると良い)』など、良い意味がありますよ。

スポンサーリンク

お賽銭は5円玉と50円玉どちらが良いのか?

5円玉

どちらが良いという決まりはありません。
5円玉の場合、先でも述べましたが「お賽銭する数」によって「縁起が良くない」といわれています。

関連記事:お賽銭に5円玉が好まれるには理由があった!ダメ硬貨と悪い賽銭

 

「穴が開いたお金」と「漢数字で書かれたお金」は世界的に珍しく、外国人がおみやげでもらうと喜んでくれるそうです。中国では、ゴールド色で見通しが良い5円玉は人気があり、欲しい人も多いそうです。中国のネット販売で60円ほどで売っているそうですよ。