それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

家事を効率化しよう!ルーティンワークでストレスが消える?!

      2016/04/01

家事 効率化 ルーティンワーク

どこまで家事をすれば、終わるのだろう¨
どうすれば、効率良く家事ができるのだろう¨

際限なく、やることがある家事に嫌気がさすこともありますね。
ルーティンワークとは、決まった流れに沿って仕事をすることをいいます。

毎日同じことを繰り返すというのは、「効率もアップ」し「ストレスも軽減」できるといわれています。

『いつでもできる』ではなく、『この時間にこれをやる』
その考えは『逆にストレスが溜まるのでは?』と思う方もいるかもしれません。

でも、行動や思考をパターン化することは、意外にも良いこと尽くしなのです。ルーティンワークができているのとそうでない人では、日常的にも大きな差があるといわれています。

家事をパターン化して、効率よくできるようにしてみませんか?

スポンサーリンク

ルーティンワークのポイントは?

家事 効率化 ルーティンワーク

ルーティンワークは習慣づけること!『時間枠のキープ』が重要になります。

1.自分が普段やっていることをを紙に書きだす。
2.それにかかる時間は、どれくらいかを考える。
3.自分の時間枠に当てはめて、あとはやっていくだけです。

家事なら、洗濯や食事の準備、掃除などが挙げられますね。着替えや歯磨き、お風呂やパートのお仕事などもルーティンワークになります。

毎日同じ生活をしていると、「自分に必要な時間」や「物事をするのにかかる時間」は自然と分かってきます。

思いのほか料理に時間がかかった¨
洗濯でトラブルがあり、時間がかかってしまった‥

予想していた時間がずれてしまうことがありますが、そんなときは、他のルーティンワークで微調整します。

ポイントは「予定をめいっぱいのスケジュールで組まない」少し余裕を持たせるくらいが気分的に楽だと思います。

自分の時間枠をしっかりキープして、それを守ることで作業スピードも上がっていきます。自分の1日の行動パターンや習慣などを意識してみましょう。ルーティンワークが決まっていれば、『ダラダラする』ということから脱出できるはずです。

スポンサーリンク

家事をルーティンワークしよう!

家事 効率化 ルーティンワーク

自分の自由時間は、ルーティンワークで確保する!

家事をパターン化すると、自分の時間を作ることができます。1日慌ただしく生活しているという方は、ぜひ家事のルーティンワークを意識してみてください。

ルーティンワークする場合、1日の家事をノートに書き出してみると分かりやすいでしょう。家事は毎日のことですから、わざわざ時間を考えて行う人は少ないと思います。

「毎日、時間がない¨」「忙しい¨」と言いながら、実はネットサーフィンしてる時間が長かったり、家事に時間をかけすぎているのかもしれません。しっかり自分の生活を見直すことができ、適正な時間を割り出し、その時間内に作業することを意識するだけで生活は変わります。

大事な自分の時間を把握しておくこと!

これができれば「効率的で賢い主婦」になることができますね。1か月続ければ「習慣」になるため、自然とルーティンワークができるようになります。

ルーティンワークはメリットだらけ‥

家事 効率化 ルーティンワーク

ルーティンワークは慣れるまで大変ですが、慣れてしまえば時間を有効活用できます。慣れるということは、流れ作業の1つのようになるので、逆にやらないと落ち着かない状態になるかもしれません。

ダラダラするという意識がなくなるため、『いつまでも家事をしている…』ということも軽減できるでしょう。

「時間は有限」なんとなく家事をやるよりも、決められたパターン、時間の中でやるほうが「自由」が生まれます。

「今日は掃除をがんばったから、明日は休もう」

よくありがちな考えかたですが、これは「休むこと」が長くなりすぎて、今度掃除するときが大変になりますよね。すこしずつ、ちょっとずつ、自分の生活の中に組み込むことで、掃除も含めて楽になるのではないでしょうか。