それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

乳児は添い寝と一人寝どっちがいい?子供部屋で寝るのは何歳?

      2016/04/02

乳児 添い寝 一人寝 子供部屋

子供の自立のために、早めに一人寝させたい!
子供と一緒じゃ、熟睡できない¨早く一人で寝てほしい!

そう考えるママもいるでしょう。
日本では、赤ちゃんの頃から「添い寝」は当たり前ですが、アメリカでは3割の人が「子供と一緒に寝たことがない」そうです。そう、3割のアメリカ人が赤ちゃんを別室で一人寝させているのです。

特にアメリカを意識して、育児をしていことはありませんが、いつごろから子供は一人で寝るのか気になりますよね。

添い寝と一人寝のメリットとデメリット、子供の一人寝はいつ頃が適しているのかを調べてみました。

スポンサーリンク

添い寝と一人寝はどっちがいいの?

乳児 添い寝 一人寝 子供部屋

先述したように、アメリカでは赤ちゃんの頃から「一人寝」をさせることは珍しいことではありません。日本でも1%ほどの人が、赤ちゃんを別室で一人寝させているようですが、90%の人は「添い寝」しています。

●添い寝
メリット
・家族がそばにいることで、子供に安心感を与えることができる。
・親子の絆を深めることができる。
(子供は全身で親の愛情を感じ取ることができ、母親も母性を深めることができる。)
・一生涯の子供の心の基盤づくりができる。
・母乳育児をするなら、添い寝でないと無理。

デメリット
・ママの寝相が悪いと圧迫させる恐れがある。
・子供に生活パターンを合わせることになる。
・寝不足になることもしばしば。

●一人寝
メリット
・夫婦二人だけの時間や自分の時間がとれる。
・自立心が早い段階で育つ
・赤ちゃんが泣かなくなるので、母子ともに熟睡できる。

デメリット
・SIDS(乳幼児突然死症候群)の発症率が、添い寝の時よりも高くなる。
・赤ちゃんが泣かなくなるのは、誰も助けてくれないということを本能的に感じ取るから。
・日本では四季があるので、冷暖房の管理が難しい。

乳児 添い寝 一人寝 子供部屋

日本で「添い寝」するママが多いのは、日本の住宅事情も関係しています。近隣同士が密接した家が多いので、「泣くと近所迷惑になる」と考える人も多いからです。

一方で、アメリカでは共働き家庭が多いので、育児疲れで仕事に支障がでるのは避けたいところ。「子供あっての夫婦」ではなく、「夫婦があっての子供」という考えが主流となっています。

ベットで「添い寝」は、赤ちゃんが落ちる心配もありますよね。

親が1人寝をさせるのは、「自立心」を養うためという理由が一番多いようです。ですが、自立心を養う方法は、「一人寝」だけではありません。

自分の荷物を片づけたり、持たせたり、家事を手伝ってもらったり、日常生活の中でも、自立心を付けていくことはできます。

赤ちゃんの一人寝のデメリット部分は、問題が大きいかな¨と私自身は感じてしまいます。SIDSはもちろんですが、子供が「親に見切りをつける、当てにしない」というところはちょっと悲しいですね。

アメリカでは子供を一人寝させるぶん、スキンシップはしっかりとしています。日常のハグも頻繁で、「どれだけあなたのことを大切にしているか、愛しているか」をきっちりと伝えています。「日々の愛情を意識的にする」ここは大事なところですね。

もし一人寝を早くさせたいなら、「生後5~6か月」の人の顔を認識できるようになる前がいいでしょう。

スポンサーリンク

何歳から子供部屋で一人寝をさせるべき?

乳児 添い寝 一人寝 子供部屋

日本の平均は「3~6歳ころ」と言われていますが、特に年齢を気にすることはありません。

日本ではなかなか一人寝をさせない家庭も多いですよね。タイミングを図るのが難しいと感じてしまいます。

3~6歳が1人寝をさせる平均年齢といわれています。ですが、「最低でも6歳までには1人寝を経験させなければ¨」と焦る必要はありません。子供の性格にもよりますし、兄弟がいる場合は、また違ってきますよね。

年齢で決めてしまうと、子供は「親に突き放された」と感じてしまうでしょう。今まで一緒に寝ていて良好な関係を築いていても、「親に嫌われてしまったのか?」「何か悪いことをしたから?」と考え、急に「孤独感」を与えてしまう可能性もあります。

子供部屋に冷暖房は必要か?

乳児 添い寝 一人寝 子供部屋

1人寝をさせる場合、子供部屋に冷暖房は必要でしょうか?
結論からいいますと、就学前の1人寝の場合、扇風機で良いでしょう。早くから冷暖房に慣れさせてしまうと、体に良くありませんし、室温調整も上手くできるのかわかりません。

真夏の寝苦しい時期は、寝具を工夫し、扇風機でも寝やすい空間を作ってあげてください。熱中症が心配な場合は、その時期だけ家族で寝てもいいですよね。意外と子供も喜んでくれるかもしれませんよ。

 

私は小学校1年生のときに、親と離れて兄と一緒に寝ていました。小学校3年生くらいから、自分の部屋で一人寝するようになりましたね。

エアコンは、社会人になって家にお金を入れるようになってから、買ってもらいましたよ。この記事を書きながら、熱帯夜で汗びっしょりだった日のことを思い出しています。

どんな育児にも「肯定な意見、否定的な意見」があります。「添い寝や一人寝」に対しても、もちろんあります。ママが心身ともに健康に過ごすことがなによりも大事です。育児に体力は必要ですからね。