それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

父の日のプレゼント!子供の年齢別で喜ばれる贈り物はなに?

   

父の日 プレゼント

お父さんに父の日のプレゼントを贈ろう!

6月の第三日曜日は父の日です。
母の日よりも存在感が薄いような気がしますが、毎日一生懸命お仕事をしているお父さんに感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってみませんか?

毎年、何か贈っている人は、「今年はどうしようか」と考えていることでしょう。
今まで何もしていないという人は、ぜひ今年は感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

子供の年齢別で、お父さんが喜んでくれるプレゼントを考えてみました。

スポンサーリンク

小学校入学前(未就学児)の子供からのプレゼント

父の日 プレゼント

パパの似顔絵やメッセージ、一緒に撮った写真は、喜ばれます!

子供が小さい時は、休みの日などはパパと一緒に遊ぶことが多いですよね。そのころは「パパが大好き」な子供さんが多いがはず。

「パパ(お父さん)だいすき!」と書いたカードや似顔絵などは、やはり喜ばれます。大好きなパパをかっこよく書いてくれるように、ママもサポートしてみましょう!

文字がまだ書けなくても、それらしき言葉が書かれていたら、きっと大感激してくれますよ。

父の日 プレゼント

http://allabout.co.jp/gm/gc/383546/

家族やパパと一緒に撮った写真を「写真立て」にいれて贈るものいいですね。会社のデスクに飾る人もいるくらいです。子供が飾りつけした写真立てやデジタルフォトフレームもおすすめ!

小学校入学以降のプレゼントは?

父の日 プレゼント

肩たたき券やお手伝い券をプレゼント、少し成長して頼もしくなった子供にお父さんは感激してくれるでしょう!

お仕事の日は帰ってくるのが遅くてあまり会えないけど、お休みの日はいっぱい遊んでくれるお父さん。

日頃の疲れを少しでも楽にしてあげたいなら、肩たたき券をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。画用紙などで手作りして、渡してあげるときっと喜んでもらえます。

お手伝い券などをつくって、一緒にお風呂に入って、背中を流してあげるのもいいですね。少し成長した子供に、お父さんも頼みたいことがたくさんあるかもしれません。

父の日 プレゼント

http://12kinneko.blog10.fc2.com/blog-entry-339.html?sp

似顔絵とメッセージカードも、小さい時よりもしっかりしたことが書けるので、毎年プレゼントをもらっているお父さんは子供の成長が感じられてうれしく思うはずです。

お父さんが好きな料理をお母さんに手伝ってもらいながら、つくってあげるのもいいでしょう! 一緒に作ったものでも、お父さんは喜んでくれますよ。

お父さんが甘党なら、お母さんと一緒に「クッキーや簡単なケーキ」などを作ってあげるのもいいですね。胸がいっぱいで食べられないかもしれませんね。

スポンサーリンク

お小遣いを貯めて、身の回りのものをプレゼント

父の日 プレゼント

毎月のお小遣いを貯めておいて、身の回りも物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

・お父さんがいつも使っている化粧品やヘアー用品
・キーケース、財布、定期券入れが古くなっていたので新しいのを買ってあげる
・通勤に持って行くハンカチを何枚かあげる

学生でアルバイトをしている
社会人で給料をもらっている

この場合は、少し奮発しても良いでしょうが、お小遣い制なら毎月決まった額のお小遣いの範囲で、贈れるものを選んでプレゼントする方が良いでしょう。高価なものでなくても、喜んでくれますよ!

父の日 プレゼント

できれば、メッセージカードか普段口にして言えない、感謝の気持ちを直接伝えるといいですね。幼いころは、何気に口にしていた感謝の言葉も、成長するにつれて、照れくさくなってしまいます。

気持ちの上では、「わかってくれているだろう」ということも、やはり言葉にされると、うれしいものです。

お父さんは、「これ、息子(娘)がプレゼントしてくれたものなんだ」と周囲に自慢したくて、仕方がないかもしれません。そして、そのプレゼントを見るたびに、子供の言ってくれた言葉を思いだしていると思いますよ。

普段はあまり話す機会がないからこそ、お父さんには感謝しているという気持ちを、ぜひ、父の日に伝えてみてくださいね。

父の日 プレゼント

母の日に贈られる花は「カーネーション」ですが、父の日は「バラ」になります。健在している父には「赤色のバラ」、無くなった父には「白色のバラ」が贈るのが一般的です。

母の日、父の日のイベントは共に「両親に感謝する日」となっています。母の日だけプレゼントして、父の日は何もないなんて、かわいそうです。きっと、お父さんも待っていますよ!