それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

結婚式・披露宴を欠席!子供を理由に断るのは失礼にならない?

      2016/04/25

結婚式 披露宴 子供

結婚式、披露宴に家族全員が招待された
「子供も、ぜひ連れてきてね!」と新郎や新婦に言われたら‥

乳幼児がいた場合、出席するかしないか、迷ってしまいます。結婚式でお祝いしてあげたいけれど、小さい子供を連れていると何があるかわかりません。

赤ちゃんなら、いつもと雰囲気が違うところに連れて来られて驚いてしまい、ずっとぐずるかもしれません。

結婚式は、幸せな二人を目の当たりにして、こちらも幸せな気持ちになるものですよね。その場に行ってお祝いしたい気持ちもありますが、赤ちゃんがいた場合はちょっと事情が違ってきます。

乳幼児だと「静かにじっと座っていられないし、途中で飽きてしまって騒ぎ出すかもしれないし、泣き出すかもしれない」そんなことを考えると出席するのが憂うつになってしまいます。

できれば欠席したいと考える人も多いでしょう。
結婚式や披露宴は、子供を理由に断っても失礼にならないのでしょうか?

スポンサーリンク

結婚式 子供を理由に欠席しても良い!?

結婚式 披露宴 子供

1歳未満の赤ちゃんがいるなら、それを理由に欠席するのもアリです。親戚の場合は、両親や叔父や叔母に相談して決めましょう!

赤ちゃんがいる場合、大勢の人がいるところに連れて行くのは少し無理があります。常に赤ちゃんの様子に気をつけていないといけませんし、ゆっくり式を楽しむことができません。

突然泣き出すこともあるでしょうし、何よりもまだ抵抗力がない赤ちゃんが行くことで、何か菌をもらってしまう心配もあります。

友人の結婚式であれば赤ちゃんがいる場合は、それを理由に欠席しても大丈夫です。ですが、親戚の結婚式となるとちょっと欠席はしにくいかもしれません。

乳幼児を連れて、出席するなら¨

結婚式 披露宴 子供未就学児の場合は、パートナーや子供を見てくれる存在は必要です。

未就学児の場合、やはりじっとしていません。途中で飽きて、ウロウロしたくなってきます。

親戚の結婚式の場合は、夫婦のどちらか、両親が子供をロビーに連れ出して、相手をしている姿をよくみます。
友人の結婚式の場合は、夫婦のどちらかが、連れ添ってきていることが多いですね。パートナーの協力が必要ということです。

友人の結婚式で欠席を悩む場合、「自分の結婚式でスピーチや余興、司会をしてもらったから¨」という理由で断りにくいのかもしれません。

子供が迷惑をかけるから¨
子供が突然病気になってら、出席できなくなるけどそれでもいい?
パートナーは都合が合わなくて、他の友人に子供の相手をしてもらいのは気がひけるから¨

未就学の子供でパートナーの協力が得られないのなら、断っても問題はないと思います。ただし、お祝いはしっかりとしましょう!

関連記事:結婚式にお呼ばれ!子供の服はやっぱりドレス?最低限のマナー

スポンサーリンク

結婚式 招待した側はどう思う?

結婚式 披露宴 子供友人の場合は「断られても仕方ない」と思う人が多いが、親戚の場合は「出席してほしい」と考える人がほとんど。

友人の場合は、子供も一緒に招待するけれども、「子供を理由に断られても仕方がない」と思っている人は意外と多いようです。

招待客に小さい子供がいる場合は、ベビーベッドや授乳室の用意はしてもらえます。やはり「気を遣って欠席すると言われても仕方がないな」と考え、あまり気を悪くする人はいないようです。

ただし、これが親戚となると話は別です。子供を理由に欠席するというのはナシで、出席するのが当然と考えている人が多いです。親戚がみんな揃うのはこういった機会しかないので、来て欲しいという意見がほとんど。

その代わり、赤ちゃんのために一室用意してくれたり、タクシーなどの足代は用意してくれたり、配慮してもらえることが多いです。親戚なら向こうの意向に応じて、できれば出席した方が良いでしょう。

結婚式 披露宴 子供私が出席した結婚式では、1歳未満の赤ちゃんがいる新婦側の友人が、スピーチを頼まれてました。旦那さんが付き添っていて、披露宴会場に入ることなく、ずっとロビーで赤ちゃんを抱っこしていました。時々、授乳に行くという感じでしたね。

周りからは「あの人に頼むか?? 他にいなかったの??」と意見が多かったですね。引き受けた本人は、快諾だったようです。

私も生後1か月の赤ちゃんがいるときに、結婚式に招待されましたが、断りました。相手も「自分も結婚式に呼んでもらったから¨」という理由だったので、断れることはわかっていたようです。

ちなみにお祝いのお金は、自分がもらった額と同額を手渡して、祝電もおくりました。

友人の結婚式の出席は、「相手への思い」が強くでますね。無理したりせず、自分のできる範囲でお祝いをしてあげればいいのではないでしょうか。