それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

結婚式に参列!子供のご祝儀はどのくらい包む?会費制の場合は?

   

結婚式 ご祝儀 会費制

結婚式に参列する子供のご祝儀はどのくらいだろう?

結婚式に家族全員が招待された時、子供の分のご祝儀はどうすれば良いか悩みますね。子供の年齢によって違うものなのですが、他の人はいくらくらい包んでいるのか気になります。

子供の分のご祝儀は具体的にいくらなのかを挙げておきますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

結婚式 子供の年齢別のご祝儀

結婚式 ご祝儀 会費制子供も一緒に結婚式に出席する場合、子供の年齢と子供に用意される料理によって決めます。お子様ランチ程度なのか、大人と同じ料理なのかでお祝儀の金額も変わります。

【年齢別 ご祝儀】
・0~2歳(食事なし): ご祝儀不要(お土産があるなら、5000円)
・3歳から小学校(3歳未満食事あり): 一万円程度
・中学生~高校生: 二万円程度

子供がまだ小さい時は、招待状の返信を出す時に「子供は小さいため、席は不要です」とか「子供用の食事をお願いします」というように一言添えるか、事前に新郎新婦に話しておくとスムーズです。

子供が0歳から2歳なら、子供の席と食事を別に用意してもらわなくて良いので基本的にはご祝儀は不要です。

「3歳から6歳くらい」と「小学生」はお子様ランチ程度を用意してもらうので、だいたい1万円くらいです。中学生から高校生になると、大人と同じ食事を用意してもらうので、2万円くらいになります。

結婚式 ご祝儀 会費制

悩みどころは小学校高学年。どのように扱られているか難しいラインですよね。

招待する側から事前に伺いがあった場合、よくたべる子供の場合は、「大人メニューでお願いします」と一言添えてもいいですが、その場合は2万円になります。

お子様ランチといっても、結構ボリュームがあることも多いですし、12歳まではお子様ランチという設定になっている結婚式場もあります。

相手側の配慮で、兄弟姉妹でケンカにならないように、同じメニューにしている場合もあります。

招待する側から何の連絡もなければ、小学校高学年で、一万円でいいのではないか¨と個人的には思います。

食事の用意がなくても、小さな子供にお土産が用意されていることがあります。わかっている場合は、5000円くらいのお祝いを贈ると良いでしょう。

関連記事:結婚式にお呼ばれ!子供の服はやっぱりドレス?最低限のマナー
関連記事:結婚式・披露宴を欠席!子供を理由に断るのは失礼にならない?

スポンサーリンク

結婚式 会費制の場合はどうする?

結婚式 ご祝儀 会費制最近は会費制で、結婚式が行われるところがありますね。そこに子供も一緒に招待された場合、会費はどうなるのでしょうか?

料理が大人と一緒なら、子供でも大人と同じ金額を用意しておきましょう! 当日受付で子供の会費は不要なのか、要るのかは説明があるはずです。

会費制の場合は、だいたい「大人1人1万円」としているところが多いです。「特に子供はいくら」と提示しているところはありませんが、同じ料理が出ると考えた方が良いでしょう。大人と同じメニューなら、会費も同じ金額を用意していくようにします。

子供の会費は取らないけれど、子供用のお子様ランチが新郎新婦負担で出されるところもあります。

未就学児であっても、お子様ランチ程度の食事が出ることが多いので、お祝いのプレゼントを何か用意するか、後日に送るか考えていた方が良いです。

会費制の結婚式の時は、その日までに前もって「子供の会費はどうなのか」聞いておいた方がよさそうですね。そうした方が、招待された側も気が楽です。

会費制の結婚式が主流の地域では、マナーについて調べておくといいでしょう。地域によって、当たり前の決まりごとがあるかもしれませんよ。