それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

結婚式の招待が続いて大変!?お祝いのお金がないときの対処は?

   

結婚式 招待 お金招待されたけど、ひと月に何度も、結婚式には行けない¨
ご祝儀貧乏になってしまう‥

20代も後半になってくると、友達や同僚が相次いで結婚して、結婚式に呼ばれる回数も増えてきますね。いくら働いていると言っても、生活もありますし、今のご時世でお金に余裕がある人は少数です。

結婚式がいくつも続いたら、当然のことながらお金が足りなくなってきます。仲良くしている友達だったら、やはりお祝いに駆けつけたい。

でも現実的には、結婚式に呼ばれると出費がかさんでしまう。これが何度も続くと「ご祝儀貧乏」状態に陥ってしまいますね。こんな時はどう対処すれば良いのでしょう。

スポンサーリンク

結婚式の出席にかかるお金は?

結婚式 招待 お金

お金がかかるのは、「ご祝儀」だけではありません。特に女性は、衣装代やヘアーセット代などで出費がかさんでしまいます。

【主な出費】
・ご祝儀 3万円
・遠方なら、宿泊費や交通費も必要
・ドレスなどの衣装
・ヘアーセット
・着物なら着付けの費用

ご祝儀は3万円くらい必要ですし、遠方なら宿泊費や交通費も必要です。ドレスか着物を着るにあたっては、髪のセットや着付けも、美容院ですることになるでしょう。

過去に出席した結婚式で着た衣装も、季節が変われば着れない場合が多いですよね。もし着たとしても、羽織やショールなどが必要なこともあります。ドレスに合うものがなければ、新調することになってしまいます。

関連記事:結婚式の服装をイベントにも着まわしたい!選ぶべき1枚はどれ?
関連記事:結婚式の2次会は参加しないと失礼になる?上手く断る理由は?

結婚式が立て続けにあったときの対処法は?

結婚式 招待 お金

友人に正直に話してみる

「結婚式の招待が続いて、お金がない」ことを伝えてみよう!

友人の結婚式が短い期間にいくつかあると、1か月分くらいの給料なんてすぐになくなってしまいます。こんな状態であることを、招待してくれた友人に正直に話してみるのも一つの方法です。

「お金が無いから行けない」と言うのは、とても言いにくいことでよね。

でも、相手に伝えないとわからないので、「ものすごく行きたいけど、ここ最近結婚式に続けて招待されてお金が無い」状態であることを伝えましょう。

「何とかしようと思っているから、もう少し返事は待って」と伝えれば、相手が何らかの提案をしてくれるかもしれません。

例えば「交通費は出す、宿泊費は持つから来て、お祝い金なんていらない」などです。とても恥ずかしいですが、正直に話して友人の返事を待ってみましょう。

スポンサーリンク

お金がないなんて、言えない¨

正直にお金が無いと言うのは嫌だという場合は、「結婚式を欠席する」という方法があります。

どうしても外せない用事があって、行けないと相手に伝えるのです。そのときに大事なのは「行きたいけど、行けないのだ」という気持ちをしっかりと伝えること。

この時は「残念ながら」や「あいにく」という言葉を使いましょう。

「多忙なため」というのはマナー違反の言葉ですよ。

「忙しいのはわかっているけれど、一緒にお祝いして欲しい」と招待側の二人は思ってますので、二人に対して失礼になってしまいます。

欠席する場合の連絡方法は?

結婚式 招待 お金

欠席の連絡の方法は、手書きの手紙(メッセージ)が、一般的には良いとされています。相手から招待状が届いたなら、招待状に「欠席」の連絡をするとともに、手書きでメッセージを書きましょう。

「ご結婚おめでとうございます。せっかくのお招きですが、都合により出席できません。お二人の幸せを心から祈っています。」

欠席の理由だけではなく、「ご結婚おめでとうございます。」のお祝いの言葉を忘れないようにしてくださいね。

招待する側から招待状を出す前に、事前に「出席できるか?」聞かれることがあります。相手から「メール」で届いた場合は、「メール」で返信しても良いでしょう。

招待されたけど、出席しない場合は¨?

結婚式 招待 お金

お金がなくて結婚式を欠席するのなら、自分のできる範囲でプレゼントを贈りましょう!

この場合は結婚式には出席しないので、ご祝儀の一般的な金額「3万円」までする必要はありません。結婚式に行かない場合は「1万円」くらいが相場ですが、金額は関係なく役立ちそうなものを選んで贈りましょう。

 

私の知人は披露宴まで出席して「ご祝儀一万円」と言ってました。招待する側に伺いをたてたのか、まではわかりませんが、完全に赤字になってしまいますね。

新婦は「出席してくれただけでいい」と言ってましたよ。内心はわかりませんが、その後の人間関係も良好だったので、本心でそう思う人もいるのかなぁと思います。

「無理せず、自分のできる範囲でのお祝い」気持ちがあれば、相手には伝わると思いますよ!