それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

毎日の日記を書くことで変化あり!3つのメリットと良い書きかた

      2016/04/27

日記

日記を毎日書くことで、さまざまなメリットがあることを知っていますか?

誰しもが一度は、日記を書いたことがあるのではないでしょうか?

でも、どうしてもなかなか続けられないのがデメリット「三日坊主になりやすい」ですよね。

そんな日記を意識して習慣化することで、いろんな良いことがあるといわれています。

一体どんな効果が期待できるのでしょうか?メリットに繋がる良い描き方は、どんなものでしょうか?

スポンサーリンク

日記は精神を健康にする!

日記

日記が、「精神的な健康に役立つ」といわれています。

たとえば、1日イヤなことがあったとしましょう。

日記を書かずにいると、いつまでもモヤモヤが残ってしまいます。思い出してはイライラしたり、イヤな気分になることもあるでしょう。

日記でその日あったイヤなことを思いっきり書くと、書き終った頃にはスッキリしているはずです。

もちろん、幸せなことや楽しいことも、日記に残しておくと精神的に良い影響を与えます。「自分を認めて大切にする心」を高める効果にも繋がるといわれています。

実際に日記を書くことで「精神的・感情的なメリット」があると数々のデータで証明されています。

・過去の自分と今の自分の心境の変化がわかる。
・誰にも見せないので、自分に正直になれる。
・溜め込んだ気持ちを一気に書いてスッキリする
・文章力がつく
・楽しかったことだけを書くと、ポジティブな考えになる

カウンセラーやソーシャルワーカーらも、患者に日記を勧めているところが多いそうですよ。日記は副作用なく、「精神を健康にさせてくれるとても良い薬」なのです。

日記 クリエイティブな部分を発揮できる力がつく

日記

日記を書くことで、クリエイティブ(創造的)な一面を引き出すことができるようになります。

日記を書くことで得られる効果は、精神的な健康だけではありません。最初は上手く書けなくても、書き続ける、量をこなすことで、良質な文章を書くことができます。

・複雑なアイデアを正しい方法で処理する
・伝えたいことをきちんと伝えられる

文章力がつくので、このような能力が身につきます。日記を書き続けると、アイデアや記憶も次々と溢れてくるでしょう。それくらい日記は、クリエイティブなことにも役立つというわけです。

スポンサーリンク

日記 認知症予防にもなる!

日記

その日の朝、食べたごはんを思い出すことはできますか?

物忘れは、年齢とともに悪化していきますが、日記を書くことで1日を振り返ることができます。1日を思い出しながら書いていくので、物忘れを防ぐことができますね。

携帯やパソコンで漢字変換もできて便利になりましたが、実際に書こうとすると「一部分が忘れてしまってる。曖昧だ」ということはありませんか? 便利な時代になったぶん、漢字を書けない人が多いそうです。

日記を書くと漢字も使うと思うので、忘れることをありまよね。もしわからなかったときは、調べて書くという行動をとるかもしれません。

日記を書いたり、漢字を調べたりすることで、「認知症予防にも繋がる」というわけです。

『明日はこんなことをしてみよう』と日記を書くなかで、予定をたてることもあるかもしれません。そうすると生活にもメリハリが出て、前向きな姿勢で過ごすことができますね。

日記 書き方のコツは?

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_s

書き方のコツは「楽しいこと、うれしいこと」を書くということ!

『精神的な健康に良い』と先述しましたが、やはりネガティブな内容よりポジティブな内容のほうがメリットが大きいです。
ポジティブな内容のほうが、日記を見かえしても幸せな気分なりますね。

嫌なことがあったときは、ストレス解消に1枚の紙に書き、書き終わったら破り捨てるというのもいいですね。

自分の感情を1枚の紙にぶつけて、スッキリしたところで、紙をやぶると「これで、おしまい‥」という感情の切り替えになるかもしれませんよ。

日記を毎日書くと、どのようなメリットがあるか書いてみました。自分の生活に上手く取り入れることができたら、心身ともに穏やかに過ごしていけるのではないでしょうか。