それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

ペットと一緒に電車旅行したい!ケースは必要になる?乗車マナー

   

ペット 旅行 電車

海外を旅行すると、電車の中で大きな犬がおとなしく飼い主の座席の前に伏せっている光景を見る機会があります。
よく訓練されているからこそ、公共の乗り物にも安心して一緒に乗れるのでしょう。

そのワンちゃんも周囲に媚びたり吠えたりすること無く、飼い主さんの元で凜とした雰囲気を漂わせています。

「素晴らしい」と思えるのはワンちゃんはもちろんのこと、周囲の人々が不必要にその犬にちょっかいを出したりはせず、飼い主さんとその愛犬を尊重し、見守っている感がうかがえるところです。

日本では、電車でのペット旅行はどのような現状でしょうか。ペット大国となった今、ペット同伴の移動が日常的になれるように、マナーに精通しておくことは飼い主の務めではないでしょうか。

スポンサーリンク

鉄道会社によって違う規制

ペット 旅行 電車

ペットの持ち込み方法は、各鉄道会社によって乗車規制に違いがあります。

犬や猫、セキセイインコやウサギなど小動物を含むペットの持ち込みは、取り扱いとしては『手回り品』という名目で一緒に車内に持ち込むことが可能です。

当然ですが、ゲージやケース、その他カバンなどに納めなくてはいけません。

【ゲージやケースとして相応しくないもの】
・スリングや形状が安定しないタイプのカバンは禁止
・ペットカート禁止
・顔が外に出るタイプのケース

ゲージやケース、カバンのサイズやタイプの有無も利用する鉄道会社をまず把握して、各鉄道会社に尋ねる必要が生じます。

ペットが乗車不可能になるケース

ペット 旅行 電車

ペットの種類や大きさによっては、乗車不可になるケースもあります。

例えば
・基本的に犬は同伴可能であったとしても「重量制限10キロまで」
・ゲージの一辺最大長さ70センチまで

このような決まりごとがあるので、大型犬は規定外に当たり、残念ながら乗車はできません。猛獣やヘビの類は、たとえ既定の容器に収容できたとしても乗車は禁止されています。電車での移動は諦めましょう。

スポンサーリンク

ペットと電車旅行を楽しむマナー

37ad9fb0d605fff9f3519b292ad740fe_s

公共の乗り物には様々なタイプのお客さんが乗っているということを覚えておきましょう。

動物が苦手な人
動物アレルギー

このような人も乗車してます。人や動物に関係なく、何らから障害を抱えて電車に乗っておられるかたもいらっしゃいます。

普段から訓練して、不必要に興奮しないようにしつけましょう。
どんな環境でも、飼い主さんが一緒だったら安心していられるようにしましょう。

日頃からよくご自分のペットに教えてあげてくださいね。

ゲージのなかでおとなしく居られるように、普段からゲージを使ってトレーニングをして慣らしておくといいですね。
ペットのマナーが身についている、ルールをきちんと守っている飼い主さんは、他の乗客でペットを飼っている人達の良いお手本になると思います。

ペットと一緒に電車旅行を楽しむために飼い主ができることは、「他の乗客に迷惑や不快感を与えない」ように日頃からトレーニングすることです。マナーが身に着いたペットなら、何度でも同伴旅行も楽しむことができますね。