それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

ペットと一緒に飛行機に乗ることはできる?機内持ち込みについて

   

ペット 旅行

ペットといっしょに海外旅行!
ペットと飛行機で旅行に行きたい!

ペットを連れて、飛行場をさっそうと歩いている人を見ると『カッコいいなぁ』なんて思ってしまうかもしれません。海外のきれいな海辺をペットと一緒に歩く、なんて素敵ですよね。

大抵の場合は、ペットは「客室」ではなく「預け入れ荷物」として受託手荷物の貨物室に入れられます。

次に再会出来るのは、飛行機を降りてお引渡し場所にベルトコンベアーで流れくるときです。

国内でも、ペットの輸送はかなりのリスクを考慮しておいたほうが良いですが、国際線となるとより色々な意味でのハードルが高くなってきます。

スポンサーリンク

国内線でのペットの輸送

ペット 旅行

基本的に国内線は、手荷物扱いとして客室にペットを持ち込むことは出来ません。(小動物は、航空会社によってマチマチです)

必然的にペットたちはゲージに入れられて、貨物室で飼い主様と離れて1人寂しく空の旅をすることになります。

ワクチン接種が義務づけられているペットの場合、それぞれペットの種類で受けるワクチンも異なってきます。
渡航前によく調べ、航空会社の要求に従うようにし、動物病院で接種するようにしましょう。

航空会社によって、お預かり金額なども変わってきます。

・預かれる時期と預かり不可能な時期
・受け入れ可能なペットの種類

各航空会社で違ってきますので、きちんと調べてから選ぶようにしましょう。

国際線でのペット輸送

1506a5a0c0296214e9fbde497ba31cb1_s

国際線の場合は、ペットを機内まで持ち込める航空会社の幅がグンと広がってきます。

・持ち込みが可能なペットの種類
・大きさ

これら航空会社で違いますが、貨物室よりご自身のそばにおいてあげたい人は、色々と調査してみてくださいね。
渡航予定にあう航空会社があればラッキーかもしれません。

海外の渡航は
・入国する国によって法令や検疫制度などが違う。
・接種しておくワクチンの種類やその時期
・出国する国での条件
・入国先での条件

こられを調べる必要があります。
決して簡単な話しではなく、必要な書類を用意するだけでも、あれこれと手間がかかってしまいます。十分前もって準備に当たるようにしましょう。

スポンサーリンク

ペットと飛行機に乗るのは、生死をかかわる?!

ペット 旅行

ペットを飛行機に乗せることは、生死にかかわる可能性があります。

ペットによっては、かなりショッキングな出来事になり得る可能性があることを認識しておきましょう。

「何らかの事情でペットが死傷した場合には、一切の責任を問わない」航空会社によっては、同意書の提出を義務付けているところもあります。

やむを得ない事情で同乗させる予定であれば、「貨物室を意識したり」「独りで暗くて寂しいところにいられるようにする」などに環境を変えて、トレーニングをしていきましょう。

・ゲージに備え付けられた水容器から飲む練習
・飼い主が見えなくなっても騒がない訓練

これらも大事なトレーニングです。
かわいいペットのために惜しまずにしておくことが、安全に旅を終えるための知恵の道かもしれません。いずれにしても安易な気持ちでペットを飛行機に乗せることはやめた方が良いでしょう。

 

悪天や乱気流など、想像以上に揺れることがありますね。人間は、機内放送などで現状を理解できますが、ペットにとっては不安でいっぱいだと思います。
気圧の問題やゲージから長時間出れないスレトスを考えると、ペットにとっては楽しい旅行となるのか、わからないですね。

海外へ引っ越しなど、やむを得ない事情なら仕方ありませんが、滞在期間が短い旅行なら連れていかないほうが良いかもしれません。