それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

揚げ油の使用回数はどのくらい?揚げる順番で油の有効利用しよう

   

揚げ油

揚げた後の油はどうしていますか?
揚げ油は、一体どれくらい使用することができるのでしょうか?

使った揚げ油はすぐに捨てる人もいれば、容器などに移して次回使う人もいます。

容器に移して使う人のほとんどは、炒め物油として使用することがほとんどだそうです。

容器に移して保存する人の中には、次回の揚げ物のときに使う人もいるのではないでしょうか。

油も劣化するので、何度も揚げ油を再利用するわけにはいきません。使用回数や揚げる順番を工夫して有効に利用できる方法を考えてみました。

スポンサーリンク

1.揚げ油 使用回数はどれくらい?

揚げ油

揚げ油の使用回数は、おおよその目安は、3~4回になります。

それ以上に使用すると油が汚れてしまっているので、調理に使うのは良くありません。揚げる食材や時間、温度などの条件によっても違ってきます。

目安では3~4回ですが、場合によっては使ってすぐに捨てたほうが良い油もあります。

何回か繰り返し使う場合は、『あるポイント』も覚えておかなければいけません。

一般的に、古い油を何度も使っていると、『トランス脂肪酸』という物質が出てきます。この物質は高温で熱したときも出てきますので、古い油だから出るというわけではありません。

たとえば、マーガリンやショートニングなどをイメージすると分かりやすいでしょう。

これらはすべてトランス脂肪酸が含まれています。
これが増加すると、心臓疾患のリスクが高まったり、喘息やアレルギー症状を引き起こしたり、ボケやすくなったりするといわれています。

スポンサーリンク

2.悪い油見分け方とは?

揚げ油

悪い油の見分け方、捨てるタイミングの目安にしてくださいね。

・鍋の色が分からないくらい濃い色になっている油 (揚げ物の中まで火が通っていないのに、焦げ色がつく)
・揚げているとき、細かな泡が出て、消えにくくなります。(ビールの白い泡のような感じが、広がっていく)
・種物が入っていなくても煙が出るようになる。
・油に粘りが出てきます
・揚げ物の臭い・風味が油臭い

全てに当てはまれば、完全に悪い油になっているのですぐに捨てましょう。1か所でも当てはまるなら、やめたほうがいいでしょう。

1回使用の油でも、鍋にそのまま置いておくのは、NGです。
出来るだけ残らないように使い切るのが一番です。万が一残ってしまった場合は、容器に移してフタをしっかりとしましょう。

関連記事:揚げ油の処理はどうしてる?後片付けと活用法を伝授
関連記事:揚げ油の処分の方法は?絶対にやってはいけないことがある?

3.揚げる順番も大事?

揚げ油

揚げ物をする場合、「揚げる順番を考える」のも油をキレイに使うポイント。『さし油』をしながら使うのも良いでしょう。

揚げる順番は、

1.野菜などの素揚げ、次に天ぷらに使用します。
2.天ぷらは、野菜から魚介類の順番に揚げること。
3.カツやコロッケを揚げ、唐揚げなど下味のついたものを揚げていきます。

最後に、炒め物に使います。

この順番で油を使うと、上手に使い切ることができますし、油も汚れにくくなるといわれています。
最初に唐揚げなど下味のついた物を揚げてしまった場合、すぐに炒め物に使うか、処理するようにしましょう。