それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

お中元やお歳暮の時期が遅れたらどうする?送り先別の相場金額

   

お中元 お歳暮 時期

お世話になった人に送る、お中元やお歳暮

関西と関東では、送る時期が違うことを知っていますか?
もしお中元やお歳暮の時期が遅れてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

友人や会社関係の人など、送り先によって金額も変わってきます。
あまり高いものを送っても、相手の負担になってしまうので、一般的な相場を知っておきましょう。

お中元・お歳暮の時期、金額、人気の商品などを調べてみました。

スポンサーリンク

お中元とお歳暮の時期

お中元 お歳暮 時期

年に2回、お世話になった人へ送るのがお中元とお歳暮の習慣です。

・お中元

【お中元を送る目安】
・関東地区なら7月上旬~7月15日頃
・関西地区なら7月上旬~8月15日頃

関西地区は月遅れという習慣があるので、「8月半ば」でも間に合います。迷うようなら関東と同じく「7月上旬~7月15日頃まで」送るようにすると良いでしょう。

もしもこの時期を逃してしまった場合には、「のしの表書き」を変えて送れば大丈夫です。

【お中元が遅れた場合】
・関東地区の場合、7月16日~8月7日の立秋までなら「暑中お見舞」「暑中お伺」、9月上旬頃までなら、「残暑お見舞」「残暑お伺」とします。
・関西地区の場合、8月16日~9月上旬まで「残暑お見舞」とします。

お歳暮

お歳暮は、全国的に「12月上旬~12月20日頃まで」に着くように送りましょう。

【お歳暮が遅れた場合】
これを過ぎた場合には、お中元同様にのしの表書きを変えて送れば大丈夫です。

・年中であれば「寒中お見舞い」「寒中お伺い」
・1月1日~1月7日なら「お年賀」「新年のご挨拶」
・1月8日から2月4日までなら「寒中お見舞い」とします。

喪中の場合は、「お年賀」「新年のご挨拶」の表書きは避けるよう注意が必要です。

お中元・お歳暮の金額の相場

お中元 お歳暮 時期

前年よりも金額が下がるのは良くないので、最初の年は慎重に選ぶようにしましょう。

金額の相場は、お中元・お歳暮ともに3,000円~5,000円くらいが目安です。どちらかといえば、お歳暮に高いものを選ぶ場合が多いです。

予算の関係で両方は送れない場合は、「お中元」を省略するケースが多いです。

送り先によって金額が異なる!

・親戚・友人・知人 3,000円程度
・目上の人     5,000円程度

あまり頑張って高いものを選んでも、受け取る側の負担となるので気を付けたいものです。

年々金額の高いものにしていくのは良いですが、前の年よりも金額を下げるのはタブーとされています。特に最初の年は慎重に選ぶようにすると良さそうですね。

関連記事:お中元やお歳暮をやめたい!辞退したいときはどうすればいい?

スポンサーリンク

お中元・お歳暮の人気商品は?

お中元 お歳暮 時期

お中元、お歳暮ともに人気があるのは「商品券」です。

何が送られてくるかという楽しみがあるものの、やはり商品券は自分の好みのものを一番自由に選べるというのが人気の秘密です。

「商品券は¨ちょっと味気ない」と思う人は、ビールや洗剤、コーヒー、産直の生鮮食料品なども人気を集めています。

ビールなどは、お中元やお歳暮の限定品などが出ているので、ビール好きの人には喜ばれますね。
洗濯洗剤や食器洗剤なとば、消耗品なので主婦に喜ばれ、大変重宝します。

産直の生鮮食料品は、普段食べられないものが送られてくると家族も喜び、一家団欒に一役かうことができますね。コーヒーが好きな人は、一日に何杯も飲むのでもらえると助かります。

 

「相手が何を喜ぶか?」それを考えながらお品を選ぶことが、なによりも大切です。そうすれば、きっとあなたからの感謝の気持ちが、相手にも伝わるでしょう。