それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

お中元やお歳暮をやめたい!辞退したいときはどうすればいい?

   

お中元 お歳暮 やめたい 辞退

そろそろ、お中元やお歳暮を辞めたい¨
急に、辞めると失礼になるの?

お中元やお歳暮はお世話になった感謝の印として贈るもの。
次第に「疎遠になってきた人へ贈ることをやめたい」ということもありますよね。

いつまで、贈り続ければいいのか?
そろそろ辞退したいけど、こちらから言ったら失礼?

儀礼的に贈り合うのでは、お互い気が重いだけということになり兼ねません。

お中元やお歳暮をやめたい、辞退したいときは、どのようにすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮をやめたい時

お中元 お歳暮 やめたい 辞退

http://www.i-nekko.jp/

【現在は交流がない場合は?】
特に相手に伝える必要はなく、「贈らない」という方法をとる。

昔のようなお付き合いはないという状況で、もう十分に感謝の気持ちは伝えたという場合には、思い切って贈ることをやめても失礼には当たりません。

お中元やお歳暮は義務ではないので、特にやめ方があるわけではありません。少し勇気の入ることですが、贈らないという方法が一番です。

兄弟や親であれば、電話で「贈るのを止めよう」と言うことも可能ですが、そうでない場合、「贈ることを止める通知状」のようなものを送る必要はないでしょう。

通知状を送ることで、かえって相手の気持ちを損ねてしまうことも多く、気を遣わせてしまうことになりかねません。

【多少の交流がある場合は?】
・お歳暮だけにする。
夏は「暑中見舞い」のハガキを送り、冬はお歳暮の時期をずらして「お年賀」という形で品物をおくる。
・年賀状や暑中見舞いなど、ハガキの挨拶に代える。
・旅行のお土産などをおくる。

頻繁な交流はなくても年に1~2度は顔を合わせるといった場合には、お互い気まずくなることだけは避けたいものです。

そんな時には「お年賀」という名目にまずは変えてみたり、品物の代わりに暑中見舞いのハガキを送ったりする方法も良いでしょう。

時期をずらして旅行のお土産を贈ったり、お中元とお歳暮両方を贈っていたのではあればお歳暮だけにするという方法もあります。

関連記事:お中元やお歳暮の時期はいつ?送り先で金額の相場は変わるの?

お中元やお歳暮を辞退したいとき

お中元 お歳暮 やめたい 辞退
お中元やお歳暮が贈られてきて辞退したいとき、お礼状に「今後は贈答をやめたい」旨を添えるとスムーズです。

届いたからといって贈っていたのでは、いつまでもやめることはできません。

・御無沙汰しているにも関わらずお心遣いをいただいていることを恐縮していること。
・そのようなお心遣いはなさらないようお願いする。

文面には、このような旨を添えましょう。

どうしても受け取れない場合は?

贈られてきた物に、さらに包装をして相手に送り返すという方法。

贈られてきた品物をどうしても辞退したいと言う場合には、包装はそのままにしてその上からさらに包装をして送り返すという方法があります。
その際には、「お心遣いに感謝する旨」と「ご遠慮申し上げる旨」を書き添えます。

この方法は、送り返されてきた側へはかなりのダメージを与えることになると思います。立場上受け取れない場合、あまりにも高額な品物であった場合などに限ると良いでしょう。

スポンサーリンク

お中元・お歳暮 やめるタイミング

お中元 お歳暮 やめたい 辞退

・仲人をお願いした人へは 3~5年
・大きな環境の変化があったとき

現在では、結婚式の仲人をお願いした方へは、3~5年を目途にお中元やお歳暮をやめるというケースも多いです。
「引越し・転勤・退職・病気」など、大きな環境の変化があった時も、贈るのをやめるタイミングといえます。

交流があった人を断つようで、気が引ける方も多いと思いますが、「無理して続けることはない」ということです。

相手に礼を尽くしたなら、「これからの付き合いかた」に変えていけばいいのではないでしょうか。