それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

山形の花笠まつり2016日程!花笠音頭に一般参加する方法は?

   

山形 花笠まつり

http://www.asahi.com/special/matsuri/intro/TKY201208050376.html

山形の花笠まつりといえば、「ヤッショ!マカショ!」の囃子ことばと共に「踊らにゃ損!損!」の掛け声が広く知られています。

「踊らなければ損」という掛け声のように、ただ見ているだけではつまらないのが花笠まつりです。祭りに出かけたら、ぜひ一般参加して一緒に楽しんでしまいましょう。

スポンサーリンク

山形花笠まつり 由来

山形 花笠まつり

http://caprisu.exblog.jp/10782955

山形の花笠まつりは、今では100万人もの人々が訪れる東北の一大イベント。

その由来は昭和38年にさかのぼります。
山形県や市、新聞社などが、蔵王を観光名所としてPRしようとしたのが昭和38年に開催された「蔵王夏まつり」でした。
その一環として、後に山形花笠まつりとなる原型として始められたのが「花笠音頭パレード」だったのです。

山形花笠まつり 日程

花笠太鼓の音色と威勢のよい掛け声、色鮮やかな衣装と紅花を飾った笠を手にした踊り手。山形の真夏の夜の華々しいお祭りが始まります。

山形花笠まつり

●日程 2016年 8月5日(金)~7日(日) 3日間

●時間: 18時~21時30分頃

●開催場所: 山形市十日町~本町~七日町通り

●アクセス: (電車) JR奥羽本線山形駅より徒歩約10分

(車) 山形自動車道 山形蔵王ICより山形駅方面(国道286号線~県道16号経由)約15分

●駐車場情報: 七日町周辺 中心街全体

公式HP 山形県花笠協議会 TEL:023-642-8753

◇交通規制:あり(17:50~22:00 まつり終了次第解除)

◇桟敷席(観覧席):なし


 

目玉は自分が参加できること!

山形 花笠まつり

http://www.mountain-j.com/hanagasa/index.html

山形花笠まつりの目玉は、なんといっても「自分も踊りに参加できること」です。

前出の「踊らにゃ損!損!」は、「踊るあほうに見るあほう!同じあほなら踊らにゃ損!損!」というのが全体のフレーズです。

踊るのも見るのも「あほ」なのですから、これは参加しなければ始まりません。

山形花笠まつりに参加方法はいくつかあります。

●個人で飛び入り参加

個人で飛び入り参加するなら、

・山形市役所前付近のオープニング花笠輪踊り
・花笠パレードの最後尾に設けられるプラカードが目印の飛び入りコーナー

この2回がチャンスです!

花笠輪踊りには踊りを教えてくれる先生もいるので、まったく知らなくても大丈夫ですよ。

●20人以上の団体での参加

20人以上であれば、例年6月頃から開始される事前申し込みにより参加できます。
申し込みは、山形県花笠協議会事務局までお問い合わせください。上限は200人と決まっているので、範囲外であれば個人参加となります。

募集期間 2016年6月1日~17日まで

詳しくは 山形県花笠協議会事務局(電話)023-642-8753

●ミス花笠として参加

山形在住の「未婚女性」であれば、ミス花笠に応募して参加することも可能です。

山形を大いにPRできる、ミス花笠にチャレンジするのも悪くないですね。一生の思い出になることでしょう。

スポンサーリンク

参加の条件あるの?

山形 花笠まつり

http://www.mountain-j.com/hanagasa/index.html

参加するにあたっては、花笠を持つか身に着け、花笠音頭に合わせて楽しく踊ることが条件となります。

花笠だけは自分たちで用意しなければなりませんが、要は楽しければ良いので、気軽に参加してみましょう。

定番スタイルは浴衣に草履ですが、こちらも花笠パレードにふさわしい「華やかさ」があれば他の衣装でも問題なし。

草履を履く場合は、十分に足に慣らしておいてから参加することをおすすめします。新品で踊ると足がマメだらけになって、踊れなくなってしまいますよ。

花笠グッズも販売されているので、気になったらチェックしてみてくださいね!