それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

秋バテって何?その症状と改善策!ほっておくと大変なことに?!

   

秋バテ 症状 改善策

秋バテって知ってますか?

夏バテはよく聞きますが、実は「秋バテ」もあり似たような症状があらわれます。

少し前までの猛暑からがらりと変わる天候に身体がついていかず、体調を崩しやすくなるのです。

これを「秋バテ」と言いますが、具体的にどのような症状があるのでしょうか。

スポンサーリンク

秋バテの症状は?

秋バテ 症状 改善策

【秋バテの主な症状】
・倦怠感
・食欲不振
・胸焼け
・胃もたれ
・無気力感
・めまい
・立ちくらみ

夏バテにとてもよく似ていますね。

●どうしてこのような症状があらわれるのか?!

秋に入ったばかりの身体は、「猛暑の中で疲れを溜め込んだ状態」です。

元々夏場はその暑さから、睡眠不足や食欲不振になりがちです。本来の力を発揮出来ないどころか、満足に身体を休められないことも多いのです。

・急激に気候が変わる。
・朝夕の寒暖差
・夏場の生活習慣が抜けきらない・
・身体の疲れが癒えてない

このような「負担だけが増えている」ことに気付けないことも少なくありません。

夏場はレジャーや飲食など、派手な遊びをしてしまいがちですね。いつまでもその生活を続けていると身体に不調を来たしたり、自律神経が乱れることになってしまいます。

関連記事:夏バテの原因や症状は?改善に効果がある食べ物や料理はなに?

秋バテを放っておくと¨

秋バテ 症状 改善策

乱れた自律神経や免疫が下がったまま放置すると、感染症や重篤な病気を引き起こす引き金になる可能性もある!

体調を崩すと言っても具体的な病名がつくものでもないため、秋バテを軽視する人は多いです。

秋バテを放っておくと言う事は、乱れた自律神経や弱った免疫力をそのまま放置すると言うことになります。

弱った身体は、様々な病気をもたらす可能性があるので要注意! 特に気を付けたいのは、感染症や心筋梗塞、脳梗塞です。

大病のリスクを減らすためにも、しっかり秋バテ対策をしましょう。

●秋バテを解消しよう!

秋バテ 症状 改善策

・毎日、適度な運動をする。
・少しぬるめのお湯で入浴する。
・寝る直前に入浴する。

秋バテを解消する上で重要なのは、「適度な運動」です。

ダルさをひきずる身体で運動をするのは大変かもしれません。毎日継続的に身体を動かすことは、乱れた自律神経を正常に戻し、体力も回復させてくれます。

「身体がダルいから¨」と言ってサボるのはやめましょう。秋バテを解消したいなら、毎日継続して行うようにしましょう。

運動と言っても、激しいスポーツなどをする必要はありません。ウォーキングなど軽い運動で十分ですよ。

正しい入浴を心掛けるのも重要ですよ。

秋になると涼しくなってくるので、お風呂の水温も自然と高めに設定してしますが、40度を越えるお湯は急激な血圧上昇を招くことがあります。

お風呂の温度は38度から40度まで、「少しぬるい」と感じるくらいのお湯が良いでしょう。

お風呂に入るおすすめの時間は、「寝る直前」です。10分から30分ほど入ると身体がリラックスして、自然と寝付きも良くなりますよ。

 

猛暑で思った以上に身体は疲れています。秋は気候も良いですし、食べ物もおいしい季節になりますが、暴飲暴食は控え、身体が休まる工夫も取り入れる必要があります。

寒い冬はすぐにやってきます。それまでの間に疲れを癒し、体力を蓄えていきましょう。