それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

京都五山の送り火2016!見えるおすすめスポットと宿泊ホテル

   

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

http://d.hatena.ne.jp/U-92SAN/20110816/1313526141

京都の夏の風物詩、五山の送り火は、葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大イベントの一つに数えられています。

幼少の頃に住んでいた場所から、「大」の文字を見ることができました。点火されてから、少しずつ「大」の文字の形になり、始めは激しく燃えて、中盤に落ち着き、最後に消沈していく姿にすこし寂しさを感じた記憶があります。

ワイワイと騒ぐお祭りとは違い、なんとも言えない風情を感じる京都の五山の送り火。

五山の送り火を5つとも全てみたい人におすすめスポット、宿泊してゆったり鑑賞したい人におすすめのホテルを紹介しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

五山の送り火 日程と見どころ

毎年、8月16日の夜に開催されてます。お盆最後の日と覚えておくとわかりやすいですね。

開催日:2016年 8月16日火曜日 (20時より点火されます。)

●東山如意ヶ嶽 (午後8時 点火)

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

・文字:「大」
・場所:京都市左京区 浄土院(大文字寺) 如意ケ嶽
・良く見えるところ:賀茂川(鴨川)堤防あたり

「大」の文字は京都市内のどこからでもながめることができる位置にあります。

●松ヶ崎妙法 (午後8時05 点火)

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

・文字:「妙」「法」
・場所:京都市左京区 松ヶ崎 「妙」西山 「法」東山
・良く見えるところ:「妙」北山通(ノートルダム女学院附近)/ 【法】高野川堤防(高野橋北)

●船形万燈籠 (午後8時10 点火)

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

・文字:「船」の形をした火文字
・場所:京都市北区 西賀茂船山(にしかもふねやま/ふなやま)
・良く見えるところ:北山通あたり(北山大橋から北西)

●左大文字 (午後8時15 点火)

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

・文字:「大」の形をした火文字
・場所:京都市北区 大北山鏡石町・(左)大文字山
・良く見えるところ:西大路通あたり(西院~金閣寺)

●鳥居形松明 (午後8時20 点火)

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

・文字:「鳥居」の形をした火文字
・場所:京都市右京木 嵯峨鳥居本(さがとりいもと)一華表町(いっかひょうちょう)
・良く見えるところ:松尾橋・広沢の池あたり

【五山の送り火 見どころ】

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

http://dailytinynews.blog.so-net.ne.jp/

みどころはズバリ「火の文字」そのものですが、五山それぞれで微妙に異なる雰囲気を楽しめます。

20時のスタートとともに東山如意ヶ嶽にて点火され、続いて松ヶ崎妙法送り火、船形万燈籠送り火、左大文字送り火、鳥居形松明送り火、「5分刻み」に行われていきます。

それぞれの点火時間は「約30分間」で、「雨天決行」です。

2014年から点火時間に少し変更があるので、注意しましょう。

一番規模が大きいのが、「東山如意ヶ嶽」の「大」の文字で、雑誌でもよく目にする有名どころです。

この送り火が始まったのは、平安時代とも江戸時代ともいわれ、大文字の炎に乗って死者の霊があの世に送り届けられると伝えられています。

おすすめスポット

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

http://cherrychan.exblog.jp/22008294/

五山の送り火のおすすめスポットといえば、5つの山に点火される文字のすべてが一望できる場所でしょう。

○おすすめ1
・京都駅ビルの空中径路、
・大空広場

これらは無料で鑑賞できるナイススポットですが、事前の申し込みが必要ですのであらかじめ準備しておきましょう。

7月の中旬ころに、ホームページか郵便で応募できます。

くわしくは公式:五山の送り火鑑賞会

〇おすすめ2
烏丸今出川にある同志社大学 寒梅館にあるフレンチレストラン「セカンドハウス・ウィル」からも5つの送り火がバッチリ見られます。

当日は、「フランス料理フルコース」と「送り火鑑賞の特別晩餐会」が設けられ、「1人2万円程度」ほどかかります。

毎年大人気のため、早くから予約で埋まってしまいます。
キャンセル待ちが出た場合は、ホームページに掲載されます。予約できなかった場合は、8月に入ったらこまめにサイトをチェックしてみると良いでしょう。

くわしくは公式:セカンドハウス・ウィル

スポンサーリンク

鑑賞イベント付きホテルに宿泊

京都 五山の送り火 スポット 宿泊

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

五山の送り火はホテルからも全てを一望できるので、宿泊すればゆったり満喫できます。

京都タワーホテル
京都駅からすぐのところにある京都タワーホテルでは、地上100メートルのタワー展望室にて 「送り火鑑賞と晩餐の夕べ」、スカイラウンジ「空」では「五山送り火鑑賞ディナー」がそれぞれ企画されています。

からすま京都ホテル
地下鉄烏丸線四条駅からすぐのところにあるからすま京都ホテルでは、屋上にて 「五山の送り火鑑賞」が企画されています。ただし、松ヶ崎妙法送り火の「妙」の字が少し見えにくいです。

その他は、「ホテル日航プリンセス京都」や「KKR京都くに荘」などは屋上から、ホテルモントレ京都は最上階にある「スパ・トリニテ」からも五山の送り火を鑑賞できますよ。

いかがでしたか? 五山の全てを鑑賞しようと思うと少し遠くの場所からとなってしまいますね。ひとつひとつの文字が完成していくようすが見れて、五山に5つの火文字が浮いた景色は圧巻ですね。

どれか一つの山に絞ってみても、見える文字も大きくなり迫力を感じますよ。護摩木がパチパチと音をたてながら燃えていくようすが肌に伝わります。燃え上がる炎の強さで、力強さ、弱さなど捉えかたが変わってくるのも、楽しめるところですね。