それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

猪名川花火大会2016日程!穴場の場所は?混雑状況と交通規制

   

http://4travel.jp/travelogue/10698950

http://4travel.jp/travelogue/10698950

歴史のある猪名川花火大会

大阪府の池田市と兵庫県の川西市、二つの市の友好を願って始められた猪名川花火大会は、2016年の開催で68回目を迎える歴史ある花火大会になります。

毎年12万人の人が訪れるので、2016年もきっと賑わうことでしょう。

この花火大会の魅力は、4000発もの色鮮やかな花火が3部構成によってみられるところ。

終盤近くになると観客も盛り上がりをみせ、フィナーレのスターマインでは歓喜とともに拍手が沸き起こります。

そんな迫力ある花火を見たい人に、穴場スポットをお教えしますね!

スポンサーリンク

猪名川花火大会 日程と場所

猪名川花火大会は、毎年8月の「第三土曜日」に開催されています。

猪名川花火大会 日程

開催日:2016年8月20日(土曜日)

開催時間:19:20~20:00

開催場所:兵庫県川西市小花2丁目あたり 猪名川河川敷

駐車場:なし

交通規制:あり

電車/バス:

阪急宝塚線 川西能勢口駅/池田駅 徒歩約10分

JR福知山線 宝塚線 川西池田駅 徒歩約15分

くわしくは公式HP → 猪名川花火大会

★天候が理由で中止となった場合は、翌日の21日に延期になります。

 

観覧のポイントと注意

http://www.city.ikeda.osaka.jp/kanko/kanko/newa/1431924687188.html

http://www.city.ikeda.osaka.jp/kanko/kanko/newa/1431924687188.html

「第一会場」は16時30分から開場します。狙うかなら「第2会場」かおすすめ!

猪名川花火大会は毎年12万人の人が訪れる人気の花火大会なので、場所取り合戦も熾烈(しれつ)を極めます。有料観覧席が設けられていないため、観覧席は自力でゲットするしかありません。

ならば、朝から場所取りをしていれば良いと思われるかもしれませんが、打ち上げ場所近くの「第1会場」ではできません。

実は猪名川花火大会の河川敷は、早い時間からの場所取りが禁止されています。そもそも開場するのが16時半以降なので、それより前の時間には場所取りが出来ない仕組みなのです。

狙うなら、「第2会場」です!

少し駅から歩くことになりますが、第2会場(南側観覧席)の一部は当日の朝から開場します。花火打上場所からも近いので、おすすめですよ!

猪名川花火大会 穴場スポット

http://4travel.jp/travelogue/10698950

http://4travel.jp/travelogue/10698950

猪名川花火大会をゆっくりと楽しみたいならば、河川敷から少し離れた場所がおすすめです。

・五月山公園展望台(秀望台)

(阪急宝塚線 池田駅から徒歩20分程度)
阪急池田駅西口2出口から、20分ほど歩いた場所にある五月山公園展望台(秀望台)は会場から多少離れていますが、展望台と言う場所柄もあり、とても良い眺めですよ。

・宝塚市「すみれが丘郵便局」と「すみれが丘小学校」の間にある長い階段

(JR福知山線 宝塚駅より徒歩20-30分、宝塚バス(宝塚すみれが丘線182系統 到着11分 15分間隔運転)
宝塚市のすみれが丘郵便局とすみれが丘小学校の間にある長い階段は、密かな猪名川花火大会の観覧スポットとして知られています。地面に座る事が気にならないなら、階段に座って見られるのも魅力ですね。

スポンサーリンク

 

猪名川花火大会 混雑状況

http://4travel.jp/travelogue/10698950

http://4travel.jp/travelogue/10698950

18時頃から電車が混雑し、交通規制も始まります。17時30分前の会場到着をおすすめします。

花火大会に行く上でおさえておきたいのは、やはり混雑状況や交通規制でしょう。

混雑を回避し、交通規制にはまりたくない場合は、17時半前に会場に訪れるようにすると良いでしょう。

会場周辺が混雑するのは、開始前だけではありません。

花火の終了後は、会場の人が一気に流れるので、非常に混雑しますよ。

この混雑を回避するなら、花火が終わる前に帰るか、逆に花火が終わって暫くしてから帰ると良いでしょう。電車なら、帰りの切符も購入しておきましょう!