それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

お盆飾りつけの意味と最低限必要な物は?盆提灯はつけっぱなし?

   

お盆 飾りつけ 盆提灯

お盆の時期には、「ご先祖様があの世から戻ってくる」と言い伝えられていますね。

私たちは、お迎えする準備として「お盆飾り」をします。

飾り方は地域や宗派によっても多少違いがありますが、その内容は「ご先祖様を敬い感謝する」という気持ちが込められているところが共通しています。

お盆の飾りつけは、どのようなものを準備すればよいのでしょうか?

いつもなにげに準備している、お盆の飾り物。

その意味を知ることで、ご先祖様をお迎えする気持ちも変わってきます。

スポンサーリンク

お盆の飾りつけの時期は?

お盆 飾りつけ 盆提灯

お盆の期間は、8月13日~16日になります。13日かその少し前に、お盆飾りをすると良いでしょう。

お盆のときに作られる盆棚(精霊棚)に並べられる飾りのことを「お盆飾り」と呼んでいます。

お盆飾りの1つとして盆提灯がありますが、、これは灯りをつけることによって、「ご先祖様を迷わすことなく家に導く」という意味で「迎え火・送り火」に由来しています。

古くは外に野火を焚いて迎え火としていましたが、現在は住宅事情から盆提灯が広く使われるようになりました。

お盆の飾りつけをするのは、8月13日~16日の期間です。地域によっては旧暦によるお盆となるので、その場合は7月13日~16日となります。

お盆棚は必要か?代用は?

お盆 飾りつけ 盆提灯

・経机や小机
・「まこも」か敷物

盆棚(精霊棚)は、経机や小机などでも代用できます。飾る机の上に、まこもか敷物などを敷くと簡単な盆棚が完成します。

私も初盆のときに、小机に白布で代用してお盆飾りをしました。
盆棚は、地域や宗教によって違いがありますが、住宅の事情で大きな祭壇作ることができない場合は、このように代用できますよ。

お盆飾り 飾り物の意味は? 

お盆 飾りつけ 盆提灯

お盆飾りは特に決まっているわけではありませんが、一つ一つの飾りには意外と深い意味が込められています。

・十三仏
私たち子孫のために、一生懸命に修行をされているご先祖さま。向こうの世界でお世話になっている仏さまが、十三仏です。お盆帰り、里帰りしているあいだ「感謝を示す」という意味合いで飾られます。

・お膳
普段は、お茶とご飯のお供えですが、お盆飾りのお膳は帰ってきたご先祖様と一緒に同じものを頂くという意味合いで飾ります。

・盆提灯
お迎え火、送り火の意味合いで、ご先祖様が迷いなくたどり着ける道標(みちしるべ)の意味。

ほうずき-盆提灯と形が似ているので、お迎え火としての意味もある
ナスやきゅうりにオガラをさす-馬や牛に見立てている
季節の野菜・果物-「百味五果」新鮮な野菜や果物のご馳走をお供えする
故人が好きだった食べもの

ほおずきもよく飾られますが、これは盆提灯と形が似ているという意味と、十分なお供えものができなかった時代に色鮮やかなほおずきで補ったのだとも言われています。

ナスやきゅうりにオガラをさすのは、馬や牛に見立てているからです。

ご先祖様がこの世に帰ってくる時には、素早く移動できるきゅうりの馬に乗り、お盆が終わってあの世へと帰って行く時には、ゆったりと移動してもらえるようナスの牛に乗って帰っていくと考えられているのです。

飾りつけは、季節の野菜や果物、故人が好んで食べていた物などをお供えする他、さまざまなものが用意されます。

お盆 飾りつけ 盆提灯

このようにご先祖様をお迎えするという考えは、「神道の考え」に由来しています。

亡くなったかたが行くとされるあの世は、神道では幽冥界(ゆうめいかい)と呼んでいます。

幽冥界へと行ったご先祖様は、そこから私たち子孫を見守ってくれていると考えられており、お盆の時期には心を込めた飾り付けをして、ご先祖様をお迎えするというわけです。

お盆飾りに最低限必要なものは何?

お盆 飾りつけ 盆提灯

お住まいの地域や宗教により違いはありますが、お盆飾りに最低限必要なものは以下になります。

1.お仏壇と仏具
2.十三仏
3.盆提灯
4.お膳
5.季節のお供えもの(果物・そうめん・餅菓子等)
6.お盆セット(牛馬・蓮の葉・盆花・おがら・ホーロク)

毎年準備するものは、4.5.6となりますが、一番大切なのは「心を込めてお迎えする気持ち」です。無理はせず、できる範囲内で精いっぱいのお気持ちをご先祖様にお伝えしましょう。

スポンサーリンク

盆提灯は、つけっぱなしがいい?

お盆 飾りつけ 盆提灯

お盆期間中は、つけっぱなしにしなくても良いでしょう。

盆提灯は、あの世から戻ってくるご先祖様の「迎え火」と「送り火」になります。お盆期間中は、つけっぱなしにする必要はありません。

部屋が暗ければつけっぱなしでも良いですが、昼間など明るい時間帯には消してしまっても、特に問題はありません。ほとんどは電灯式なので、倒れても火事になる可能性はほとんどありませんよね。

燃えやすいものが近くにある場合など万が一のことを考え、安全のために必要ない時は消しておくと良いでしょう。