それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

紫外線予防!目が日焼けするとどうなるの?目への影響とその対策

   

紫外線予防 目

紫外線と言うと、シミやそばかすを始めとする肌トラブルの原因として知られています。

出かけるときは、顔や身体に日焼け止めを塗って紫外線対策を欠かさない、と言う人は多いでしょう。

紫外線対策で、実はお肌以外にも気を付けるべき場所があります。

それは、ズバリ目。

紫外線を受けると肌が日焼けするのは周知の事実ですが、実は目も日焼けをします。紫外線は目に対して、一体どのような影響を与えるのでしょうか。

スポンサーリンク

紫外線が目に与える影響とは?

紫外線予防 目

紫外線は角膜に対して強い刺激となり、さまざまな目の病気を引き起こす原因になります。

白内障

紫外線を原因とする目の病気で多いものの一つが「白内障」です。

代表的な目の病気なので、既にご存知の方も多いかもしれませんね。

紫外線が角膜に強い影響を及ぼすと先述しましたが、角膜のさらに奥、水晶体にまで紫外線が達することで白内障を引き起こしてしまいます。

紫外線による白内障は、すぐに発症するわけではありません。長い時間をかけて蓄積され、その結果発症します。

初期ではとくに症状はなく、進行がすすむと「目のかすみ、二重三重のぼやけ、まぶしさ」などを感じるようになります。

翼状片(よくじょうへん)

翼状片ですが、こちらは三角形の血管を伴う増殖組織が伸び、やがて黒目に達する眼の病気です。

翼状片も紫外線が原因の一つであると言われています。

一見すると充血しているように見えるので、初期状態では症状を軽視する人もいます。放っておくと視力障害になる可能性もあるので注意が必要です。

雷眼炎

白内障や翼状片に比べれば認知度は高くありませんが、雷眼炎も眼が紫外線で焼けることで引き起こされてしまう病気です。

一般的に雪眼炎と言うとスキー場やゲレンデでの照り返し、あるいは雪山登山などで紫外線を浴びることで引き起こされます。

紫外線を受け6〜24時間後、夜間に激烈な眼痛、まぶしさ、涙が流れ出るなどの症状が現れ、眼があけられなくなります。

ウィンタースポーツを趣味にしている人は、紫外線対策を万全にしましょう。

目の紫外線予防とは?

紫外線予防 目

一番簡単な目の紫外線予防は「サングラス」をかけること。注意点は、レンズの色の濃さを選択の基準にしないことです。

目は皮膚のように日焼け止めクリームを塗るわけにもいきません。それだけに紫外線の対策は日頃からしっかりしておく必要があります。

最も手軽なのは、紫外線をカット出来る「サングラス」をかけることでしょう。

最近ではさまざまなサングラスが販売されていますが、紫外線対策のためにサングラスを購入する場合に1つ気をつけるべき点があります。

「色の濃いサングラスを選べば良い」と言う思い込みを持たないこと。

紫外線カットとサングラスの色の濃さをイコールで考えている人がとても多いですが、実はこの二つは関係がありません。

紫外線対策でサングラスを選ぶ時に注目するべきは色の濃さではなく、紫外線カット率に着目してください。

サングラスを選ぶ3つ基準は?

紫外線予防 目

サングラスを購入する際は、3つの表記を確認しましょう!

1.紫外線カット率
紫外線カット率(UVカット率)は、100%に近いものほどが良い。

紫外線カット率 99.99%なら、「99.99% 紫外線を通しませんよ」という意味になります。

2.紫外線透過率
紫外線透過率は 0%に近いものほど良い。

紫外線透過率は 0.8%は、「0.8%しか紫外線を通さない」という意味になります。

3.UV400
紫外線の波長には3つの種類があります。もっとも強いのがUV-A(波長315-400)で、UV-B(波長280-315)/UV-C(波長280以下)となります。

全ての紫外線を防止してくれるのが、「UV400」です。

現段階で、人の身体に悪影響を及ぼす紫外線400nmまでを遮断してくれるものになります。

スポンサーリンク

もし目が日焼けしてしまったら¨?

紫外線予防 目

http://lohaco.jp/

紫外線を浴びて「目が痛い」と感じるなら、次のような対策をしてみましょう。

1.目を休める。
ダメージを受けているなら、休ませるが基本です。早めに就寝して回復させるのが一番ですが、無理なら目をつぶるだけでも効果があります。

2.目を冷やす。
目の炎症があるなら、冷やすことも大切です。日焼けした肌と同じで、炎症を起こしている部分にタオルをあてて冷やしてください。

タオルを水に浸し、軽くしぼって目にあてましょう。あまり長時間冷やし過ぎないように注意してくださいね。

3.UVケア用の目薬をさす。
UVケアに効果がある目薬をさして経過をみます。通常であれば、3日くらいで症状がなくなります。症状が改善しないようであれば、眼科を受診しましょう。

いかがでしたか? 日常からパソコンやスマホで目を酷使している現代人。目の病気の若年化が心配されています。

少しでも「目」の負担が減らすように、しっかりと紫外線予防・対策をしていきましょう。