それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

お彼岸のお供え物!おはぎorぼたもちの違いは何?小豆の意味は

   

お彼岸 お供え ぼたもち おはぎ

お彼岸ではお墓参り、いわゆるお彼岸参りをするのが一般的です。

その際には仏壇や仏具の掃除をしたり、花を取り換えたりしますね。花は樒(しきみ)がよく用いられ、季節ごとの新しい花を差してあげるとより良いとされています。

このほかには、お菓子や果物の供え物もします。

お彼岸でお供えをするものとして、代表的なものが「ぼたもちとおはぎ」です。この「ぼたもちとおはぎ」は何か違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは

お彼岸 お供え ぼたもち おはぎ

ぼたもちとおはぎは、基本的には同じものです。季節によって、その名が変わっています。

どちらも蒸したもち米を丸めて、餡子(あんこ)で包んだ和菓子ですね。

ぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」、おはぎは漢字で書くと「御萩」となり、こうして文字だけを見ると全く別のもののように思われます。

ぼたもちとおはぎは、

・牡丹の季節である「春」
・萩の季節である「秋」

食べる時期によって呼び方が変わってきます。

ぼたもちとおはぎが同じものでも、牡丹餅と御萩の呼び方は季節によって区別されてきました。

近年では利用者の混乱を避けるためか、和菓子屋でも一年を通じて「おはぎ」で通しているところが多いようです。

ぼたもちとおはぎの区別には、

・「こしあん」と「つぶあん」による違い(「こしあん」がぼたもちで「つぶあん」がおはぎ)、
・大きさによる違い(丸くて大きいものがぼたもちで、長くて小さいものがおはぎ)、
・米の状態による違い(モチモチしているものがぼたもちで、ツブツブしているものがおはぎ)

このような俗説もあります。

おはぎは「餅」ではない?!

お彼岸 お供え ぼたもち おはぎ

ぼたもちとおはぎの呼び方は、ぼたもちにだけ『餅』という言葉がついており、おはぎには「餅」はついていません。

おはぎにはついていないのは、寺島良安により江戸時代中期に編纂された日本の百科事典、『倭漢三才図会(わかんさんさいずえ)』に由来するとされています。

これによると『牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく』と記載されており、ここから牡丹餅がぼたもちになり、萩を丁寧に言い表しておはぎになったとされています。

スポンサーリンク

お彼岸 小豆の意味は?

お彼岸 お供え ぼたもち おはぎ

江戸時代、砂糖を使った甘い食べ物は高価なものとして、お供えされていました。小豆は、邪気を払う縁起の良いものとされています。

お彼岸のお供え物として使われる「ぼたもちやおはぎ」には、小豆が使われています。

江戸時代などは砂糖はとても貴重で、砂糖を使ったぼたもちやおはぎは超高級品だったのです。

小豆の赤い色には魔よけの効果があると信じられており、古くから邪気を払う食べ物として珍重されてきました。

それがいつしか先祖の供養と結びつき、お彼岸に奮発してぼたもちやおはぎが供えられるようになったとされています。

 

いかがでしたか? ぼたもちとおはぎは、食べ物としては違いがないことがわかりましたね。個人的には、「ぼてっ」とした名前から、「ぼたもち」は「おはぎ」より大きいものと思っていましたが、正解でした。

つぶあん派こしあん派など好みはありますが、なんにしても和菓子好きの人にとっては、外せない食べ物ですね。