それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

お彼岸2016はいつ?なぜお墓参りをする習慣があるの?

   

お彼岸 2016 お墓参りお彼岸は毎年、3月(春)と9月(秋)に2回ありますね。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、ちょうど季節の変わり目を肌で感じる時期でもあります。

お彼岸は、仏事行事ですが日本独特のもので、他の仏教国ではありません。

毎年変わるお彼岸の日にち、今年はいつなのでしょうか? どうしてお彼岸にお墓参りをする風習があるのかも調べてみました。

スポンサーリンク

お彼岸の期間はいつから?

お彼岸 2016 お墓参り

お彼岸は春分の日と秋分の日をそれぞれ中日とし、その前後の三日間を合わせた七日間のことです。

お彼岸の初日を『お彼岸入り』、お彼岸の最終日を『お彼岸明け』といいます。

・春分の日は、太陽が春分点に到達する日
・秋分の日は、太陽が秋分点に到達する日

春分の日と秋分の日は太陽は天の赤道上にあり、「真東」から出て「真西」に沈んでいきます。

現時点から二年後以降の春分の日と秋分の日は、天文学を用いることで推測することはできますが、確定というわけではありません。

春分の日と秋分の日は国立天文台が作る歴象年表に基づいて決められます。毎年二月一日、翌年の該当日が発表されることになっています。

春分の日と秋分の日は国民の祝日でもあるので、官報にも掲載されますよ。

早い段階で確実なお彼岸の期間を知っておきたいという方は、これらを調べておくといいでしょう。

■2016年のお彼岸の日程

お彼岸 2016 お墓参り

お彼岸には春分の日を中日とする「春彼岸」、秋分の日を中日とする「秋彼岸」と呼びます。春彼岸を『彼岸』と呼び、秋彼岸を『のちの彼岸』と呼び分ける地域もあります。

◆2016年の春彼岸の日程◆

・3月17日=彼岸入り

・3月20日=彼岸の中日(春分の日)

・3月23日=彼岸明け

◇2016年の秋彼岸の日程◇

・9月19日=彼岸入り

・9月22日=彼岸の中日(秋分の日)

・9月25日=彼岸明け

スポンサーリンク

お彼岸にお墓参りをする理由

お彼岸 2016 お墓参り

仏教の世界観においては、

・人々が暮らしている煩悩(ぼんのう)
・迷いに満ちた世界を此岸(しがん=この世)
・煩悩や迷いから解き放たれた悟りの世界を彼岸

彼岸とは、「仏道に精進して煩悩を抜け出て、涅槃(ねはん)に達した心境・境地」を意味します。

此岸は東にあり、彼岸は西にされているため、太陽が「真東」から上って、「真西」へと沈んでいきます。

春分の日と秋分の日は「此岸と彼岸が一番通いやすくなる日」と考え、お墓参りをして先祖供養をする風習ができたのです。

お彼岸のお墓参りは日本独自の風習であり、インドなどの他の仏教国には見られません。

日本は神道、すなわち太陽神への信仰が根付いており、それと結びついて生まれたものではないかと考えられています。

春に種をまいたものが、秋に実をつけ収穫する。日本では、自然に対する感謝を捧げる時期でもありますね。

神仏への感謝の気持ちが先祖に対する感謝の気持ちに繋がり、お彼岸という風習が生まれたとする説もあります。

春分の日と秋分の日もそれぞれ、自然を讃(とな)えて生物を慈しむ日、祖先を敬い故人を偲ぶ日であると祝日法で定められています。

関連記事:お盆のお墓参りはいつがするの?お供えは持ち帰るほうがいい?