それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

中秋の名月(十五夜)2016はいつ?お月見は2度するのが風習

   

中秋の名月 2016 お月見 風習

月見をする秋の十五夜は『中秋の名月』とも呼ばれています。

十五夜は、満月を意味する言葉。

月が出ない日の新月から数えて、約十五日ほどで満月を迎えることが十五夜の由来とされています。

秋の中旬から十月の上旬くらいの時期は、特に空が澄んで美しく晴れ渡って見えます。月見には最適な時期ですよね。

2016年、中秋の名月はいつ? お月見の風習について調べてみました。

スポンサーリンク

いつ、十五夜に月見する風習が生まれたのか?

中秋の名月 2016 お月見 風習

月見の風習が始まったのは、平安時代ころと言われています。

日本における月見の最初の記録は延喜9年(909年)、醍醐天皇が月見の宴を開いたというものです。

秋は作物の収穫時期であり、月見は収穫を喜ぶ収穫祭としての意味を持つものでした。月の満ち欠けとともに作物が実り育っていくことから、月は縁起のいいものとされていたのです。

江戸時代になると月見の風習は、庶民にも広まっていったとされています。

その他、中国には古くから望月という月見と同じような風習があり、これが遣唐使によって日本に伝わり広まっていったものが、月見の源流であるとする説もあります。

月見の起源はいろいろな説があり、はっきりとしたことは分かっていません。

2016年の十五夜は?

中秋の名月 2016 風習

旧暦では、十五夜は8月15日のことになります。新暦と旧暦ではズレがあるので、毎年十五夜の日は変わってきます。

◆2016年の十五夜◆

九月十五日 木曜日

 

十三夜って何?

中秋の名月 2016 お月見 風習

日本には、十三夜という風習があるのをご存じですか。

十三夜とは旧暦の9月13日に行われる月見のことであり、「2016年は10月13日」になります。

十三夜は別名、「豆名月や栗名月」とも呼ばれています。これは秋の収穫祭として豆や栗が供えられることが多かったことに由来しています。

スポンサーリンク

片月見は縁起が悪い

中秋の名月 2016 お月見 風習

十五夜に月見をしたなら、必ず十三夜も月見をするのが昔ながらの風習だった

十五夜と十三夜のどちらかの一方だけで祝うことを「片月見や片見月」と呼んでいました。

古くから、片月見は縁起が悪いとされており、十五夜に月見をした年には、十三夜にも必ず月見をするのが当然の習わしだったといいます。

これは日本独自の風習であり、中国では見られません。

日本で片月見が縁起が悪いとされていた理由については、はっきりとしたことが未だに分かっていません。

日本は農業を営む家庭が多く、農村も多かったので、収穫を祝う十五夜と十三夜は同じくらい重要なものだったのではないかと考えられています。

生活様式の変化にともなって農業人口が減少したことにより、こうした風習も薄れていき、最近では月見もあまり行われないようになってしまいました。

 

いかがでしたか? 中国や台湾などのアジア圏の人は、月見の風習があるそうですが、ヨーロッパやアメリカなどでは月見する習慣はありません。

中世のヨーロッパでは、月は精神を狂わせると信じられていて、月夜に狼男に変貌するのはそのせいだと言われていました。

私たちが「月は神秘的で美しいもの」と考えられるのは、昔から月見の風習で「月を愛でていた」からですね。

小さいときから、「お月さまでうさぎが餅つきをしているイメージ」を持っているので、月が嫌いだという人は少ないのではないでしょうか。