それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

目黒さんま祭りとSUN(区民)まつり2016!行列や並ぶ時間

      2016/08/02

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 『目黒のさんま』で語られるように、東京の目黒はさんまが名物。

古典落語の一つとして、『目黒のさんま』というものがあります。

『目黒のさんま』はさんまという安い魚を庶民的に無造作に調理したら美味しかったものの、上品に調理したら不味かったという内容の滑稽噺(こっけいばなし)です。

目黒の良いところとさんまの良いところ、その両方を知ってもらうために開催したのが由来とされています。

実は目黒駅を中心に、さんま祭りが2つ週替わりで行われます。

露店で炭火焼されたサンマが無料で食べれるのは同じですが、別々にさんま祭りが開催される理由は「さんまの産地」が違うからと言われてます。

・目黒のさんま祭り-岩手宮古のさんま(品川区主催)
・目黒のSUNまつり(目黒区民まつり)-宮城県気仙沼のさんま(目黒区商店街主催)

両方ともに毎年、3万人が訪れるという大盛況なお祭りですよ。

スポンサーリンク

 2016 目黒のさんま祭り(岩手県宮古のさんま)日程

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://unaginews.blog.so-net.ne.jp/2013-09-09

目黒さんま祭りは目黒駅前商店街振興組合青年部が主催、品川区役所が後援となって開催される祭りです。

食べて笑って・お代は無料!

開催日:2016年9月4日(日) *雨天決行

時間:10:00~14:00(予定)

会場:目黒駅前商店街(JR・地下鉄 目黒駅 東口)

・来場者予定:30000人

・露店あり:25店舗ほど

【お問合せ】 品川区・目黒駅前商店街振興組合理事長 「目黒のさんま祭り」実行委員会委員長  TEL:090-3216-4149

詳しくは→ 第21回 目黒さんま祭り

親子で楽しめる 目黒さんま祭りの見どころ

・おいしいさんま(すだち、大根おろし付き)が無料で食べられる!
・すだちが入った目黒ビール
・近隣の飲食店ではさんま祭りに合わせた、特別メニューもあり
・妊婦さん必見! 誕生八幡神社で安産祈願

さんま祭りでは新鮮な生のさんま、炭火焼の香ばしいさんまを7000人に無料配布しています。

最高級のさんまをタダで楽しむことができるとあって、さんま祭りは例年三万人もの参加者が訪れていますよ。

さんまは老若男女に人気で、親子連れでの参加も多いんです。

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://unaginews.blog.so-net.ne.jp/2013-09-09

・さんま祭りのサンマは岩手県宮古産-7000尾
・すだちは徳島県神山産-10000個
・大根おろしは栃木県高林町産-500本

毎年打ち上げの席で出される、半分に切ったたすだちを浮かべた『目黒ビール』もさんま祭りの目玉の一つ。

その他、東京新高屋のべったら漬もさんまの付け合せとして振る舞われますよ。ビールのアテに、お父さんも大喜びですね。

目黒駅周辺の飲食店ではさんま祭りにあわせて、さんまを使った特別メニューを提供しているところも多いです。

こうしたお店を家族で巡るのも、さんま祭りの楽しみとされています。

さんま祭りが開催されるのは古典落語『目黒のさんま』に登場する江戸時代の松平讃岐守、森伊豆守などの上屋敷があった場所です。

殿さまと同じ空の下で食べるさんまは、普段とは違う味わいを感じることができるはずです(笑)

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://blog.goo.ne.jp/adrubby/e/8160aefd64b297093245036e5e07b1df

会場である「誕生八幡神社」は、安産の守り神とされています。

太田道灌が夫人の懐妊に当たって、越前国(現在の福岡県)から宇美八幡を勧請したことから誕生八幡とも呼ばれててます。

八幡神社の中で『誕生』の名を冠するのは誕生八幡神社だけ、安産祈願としてさんま祭りに足を運ぶ妊婦さんもいるようですよ。

毎年、さんま祭りでは落語の寄席も開かれます。演目はもちろん『目黒のさんま』

整理券も配布されます。(予定時刻 1回目/9:00~、2回目10:30~、3回目12:00~、4回目13:30~ )

こちらも観覧無料となっているので、大人も子供も気軽に楽しむことができますね。

目黒さんま祭りの並ぶ時間

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://plaza.rakuten.co.jp/sendaihokke/diary/ctgylist/?ctgy=0

さんまを食べるために「三時間から五時間」ほど待つことも覚悟しておきましょう。

さんま祭りは参加費無料なので、家族単位でも気軽に参加はできます。ただ、参加者は約3万人です。当日、目黒川沿いには長蛇の列ができています。

無料でさんまを食べるためには「三時間から五時間」ほど待つことも覚悟していきましょう。「長時間、待ちたくない」という人は、有料でさんまを購入することもできますよ!

スポンサーリンク

2016 目黒のSUNまつり(目黒区民まつり)日程

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://plaza.rakuten.co.jp/harrythesheep/diary/200809170000/

4つの会場で開催される目黒区民まつり(目黒SUNまつり)。その1つが、目黒さんま祭になります。和太鼓演奏や落語、こども広場での工作など親子で楽しめるイベントが盛りだくさんです。

開催日:2016年9月18日(日) *雨天決行

時間:10:00~15:30

会場:

1.目黒のさんま祭、2.ふるさと物産展(田道広場公園等、目黒1-25-8)

3.おまつり広場(目黒区民センター、目黒2-4-36)

4.子ども広場(田道小学校、目黒1-15-28)

・来場者予定:32000人

【お問合せ】 目黒区民まつり実行委員会事務局(目黒区文化・交流課内)TEL:03-5722-9278

詳しくは→ 第40回 目黒SUNまつり

親子で楽しめる 目黒SUN祭りの見どころと行列

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://escombro.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/sun_8904.html

さんまは宮城県気仙沼から直送で5000尾も届けられます。脂ののった新鮮なさんまを炭火焼きすると、脂肪分もほどよく落ち、なんとも言えない、いい香りが食欲をそそります。

そんな極上のさんまを食べたいグルメな人たちが、毎年目黒川沿に長蛇の列をつくります。先着順(さんま引換券配布)なので、朝5時ころから並ぶ人もいるそうですよ。家族みんなで食べたいなら、全員で揃って並びましょうね。

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://ameblo.jp/aichin-reirei/entry-12076209651.html

目黒のさんま祭りは目黒区民祭の一つで、その他の会場の「おまつり広場」では和太鼓や落語、色々なダンスなどで盛りあがっています。

目黒さんま祭り SUN(区民)まつり2016 行列 

http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/event/sun.html

子供連れなら「子ども広場」へ行きましょう! 親子で参加できる企画が盛りだくさんですよ。

工作や体験学習、巨大迷路など子供もめいいっぱいに遊べて満足するはず!!

ちなみに 2015年はこんな感じでした→ 目黒区民祭り

ふるさと物産店では各県の名産はもちろん、地ビールや焼酎もあるので腰が重いお父さんも喜んでついてくるはず。

アツアツのさんまを食べながら冷えたビールをゴクンッと飲めば、夏の疲れも吹き飛びそうですね。

 

いかがでしたか? 両方とも無料のさんまが食べたいなら、長時間並ぶ必要があります。9月といえども、日中はまだまだ暑いですから、必ず水分補給用の飲み物は持っていくようにしましょう。