それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

本当にピーリングって必要なの?100円でお手軽簡単な手入れ方法

   

ピーリング

「ピーリングはみんなやってるの?」

ピーリングとは英語の「peel」で剥ぎとるという意味からきた美容法。
「古い角質を除去して、新しく肌を生まれ変わらせる方法」というですね
剥ぎとるっていうと痛い、肌に悪そうなイメージがありますが、人間の肌は一定のサイクルで自然に剥がれ落ちるようになってます。いわゆる新陳代謝というものです。

このピーリング‥やる人はまめにやりますが、やらない人は全くやらない‥両極端に分かれてしまっているのではないでしょうか?

ただ何気にやるよりも、意味を知ってやる方がいいですよね? どういう人が必要なのか、どういう効果があるのかをまとめてみたので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ピーリングは必要なの?

ピーリング

Prinz-Peter

通常28日の周期で、肌の生まれ変わりがあることは広く知られていますね。
ただそれは20代の若い頃の話で、加齢によりそのサイクルは伸びているのです。

そのサイクルが乱れるということは、剥がれるはずのものがまだ肌に残っているということ。新陳代謝の周期が遅れると「ターンオーバーの乱れ」が生じて肌に悪影響を与えるのです。

肌質別のピーリングの魅力

1.ニキビやニキビ跡のある肌
2.毛穴の黒ずみ、開きが気になる肌
3.小じわやたるみが気になる肌
4.くすみが気になる肌

これら4つの肌はターンオーバーが乱れたときに見られる状態です。生活習慣など他の原因も考えられるので、身体の内外からのケアが必要なんだと覚えておきましょう!

くわしくはこちら
肌の劣化を感じるのはターンオーバーの乱れ?お手入れ法と周期

医療と家庭のピーリングの違い

ピーリング

Prinz-Peter

医療用と家庭用のピーリングの違いは、主に「薬剤」です。

主なピーリング方法はこの3つ

 方法  ケア/処置  施術場所/(費用)
 ケミカルピーリング  酸を使用して古い角質を除去する   自宅/医療機関
 レーザーピーリング  レーザーを当てて古い角質を除去  医療機関のみ/(1-2万円)
 クリスタルピーリング  アルミニウム微粒子を使用してで古い角質を除去  医療機関のみ/(1-2万円)

医療ピーリングの特徴

医師でしか使えない「やや強め」の酸を使用したり、レーザーやアルミニウム微粒子などを使うクリスタルピーリングが主流です。医療機関や施術内容で金額や通院回数も異なります。

医療機関が適する人
1.肌の悩みに深刻—肌状態やトラブル、あなたの悩みに対して個々に対応してもらえて安心です。
2.安全で効果も求める—医師の指示の下なので、急なトラブルにもすぐに対応してもらえます。
3.継続的に通える—費用や通院回数、自宅での施術(マシーン購入)が求められることもあります

  • 費用(1回):5000-20000円
  • 通院回数:5-10回程度
  • 通院サイクル:2週間-4週間

家庭用ピーリング

洗顔フォームや石鹸、ジェルなどを使用して自宅で行う方法です。市販品なので低刺激で肌トラブルも少ないのが特徴です。
購入するなら「AHA」のピーリング剤がオススメです。過度の使用にならないように使用方法に従ってくださいね。

主に2つの酸の種類
「AHA」-フルーツ酸(リンゴ酸・乳酸・クエン酸など)
「BHA」-化学物質の酸(サリチル酸・トリクロール酸などピーリング力が強いです。)

自宅ピーリングが適応する人
1.肌を柔らかくしたい。
2.毛穴に詰まった汚れを取りたい
3.古い角質を除去したい

シミやクレーター状態のニキビ跡には、即効性がある医療機関がよいですが、最近気になった人が肌の調子を整えたいなら、自宅ケアでも十分ではないでしょうか?

スポンサーリンク

100均一で購入! アレを使って洗顔しよう!

洗顔剤

洗顔で使用するのは「メガネ拭き」です。メガネクロスともいいますね。ひと昔前に、TVで流行り知っている人も多いかもしれません。ですが、それを長年続けている人はいるのでしょうか?

私は、20代から十数年続けています。10代の頃はニキビに悩まされ顔全体にニキビ跡、頬はクレーター肌でした。それが25歳のころにはすべての跡が消えていましたよ。「若かったからでしょ」‥そう、それもあります。でも消えたんです¨やらなかったら消えないですよね。興味がある方に私のやっているクロス洗顔を紹介しますね。

メガネクロスを使っての洗顔方法

メガネクロスは極細繊維が使われています。毛穴に詰まった皮脂や古い角質、汚れを肌の細かな凹凸まで入り込んでしっかりと綺麗にとってくれる優れものなんです。

クロスは100円均一で売っています。無印良品の使い捨てのメガネ拭きでも代用可能。こちらは84円で、ファミリーマートで手にいれることができますよ。

1.洗顔料を泡立てネット使ってしっかりとした泡を作ります。
ホイップクリーム位の硬さで、手のひらを裏返しても落ちないくらいしっかりした泡です。

2.ホイップクリーム上の泡を顔全体にのせます。

3.顔にのせた泡をクロスを使って広げるように洗います。
絶対に力入れないでください。ソフトな豆腐をイメージして壊れないように撫でるくらいの力加減です。小鼻などの汚れが気になるところは、力が入りすぎるので意識して撫でてくださいね。

4.ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

洗顔方法はここまでです。これからが「大切なポイント」

デリケート肌の保湿はしっかりとしましょう

卵の殻を剥いたようにツルツルになった肌ですが、とてもデリケートな状態。しっかりと水分補給と保湿をすることが本当に大事なんです
私のやってる保湿ケアを紹介します。とても簡単ですよ!

1.オリーブオイル(食用ではありません)を塗る。

2.ホットタオルを2-3分顔にのせる。

3.通常のケア

オリーブオイルとホットタオルをやり終わったあとの手触りが違います。化粧水の浸透も違いますよ! ぜひ体感してくださいね。

週に何日すればいい?

これは個々の肌質によって異なります。多くても「週一回」が限度ではないでしょうか?
私の場合は、20代は混合肌で週1ベースでしてました。今は乾燥肌になり2週間か1か月に1回程度です。化粧水の浸透具合が悪くなればやっています。

化粧品でも自分の肌に合うものを探すのは大変なこと。ケアもその人によってさまざまです。色々と試して自分の適性を見つけてくださいね。

「肌は生き物よ」私の知り合いのエステティシャンが言ってます。20代のようなピチピチのお肌は無理かもしれません。でも手をかけてあげれば、何歳になっても育つんですよね。マイナス5歳肌、いやマイナス10歳肌もきっと夢ではありません!