それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

プロ技!柔らかく美味しい豚の角煮の作り方と大事な3つのコツ

   

豚の角煮

「豚の角煮って、手間のかかる料理」だと思っていませんか?

柔らかくじっくり火が通った豚の角煮、甘辛い味で一層ご飯をすすめます。
箸を入れたとき柔らかくホロホロしてると「成功してる!」とうれしくなりますね。豚ブロックを使うので、食べ応えもあり男性にもウケがいい。

ですが、柔らかく仕上げるのは意外と難しくはないでしょうか? 
味付けはいいんだけど‥豚肉が硬かったり、脂っぽくなってしまったり。

今回は簡単にできて柔らかくさっぱりと仕上がる豚の角煮の作り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

トロトロ柔らかな豚の角煮の作り方

豚の角煮

各家庭で好みは変わるので、味付けは目安にしてくださいね。

★材料 (3-4人前)
豚バラブロック 800グラム
白ネギ(青い部分)
しょうが (適量-好みで)
タマゴや根菜(好みで)

★調味料
酒・みりん・水 - 各 1/2カップ
砂糖 - 大さじ3 
醤油 - 大さじ4

大事な下処理は?

1.お肉は常温にもどす。
常温に戻すことで焼ムラをなくします。
2.豚ブロックを切らずにフライパンで全面焼きます。
豚肉が硬くなってしまうのは、下茹が原因。焼くことで旨味をとじこめて、煮崩れをふせぎます。

調理の手順

1.豚ブロックを全面焼いたら、圧力鍋に「青ねぎ・しょうが・調味料」をいれて30分煮込みます。
2.煮込み終わると豚ブロックを出して、煮汁を冷まします。(氷水を使うと早く冷えますよ。)
3.煮汁を冷ますと、余分な脂が白く浮かんでくるので網などでこして取り除きましょう。
4.余分な脂を取り除いた煮汁を10分ほど煮詰めて濃厚な煮汁に仕上げます。
5.豚ブロックを適当な大きさに切り、煮詰めた煮汁をかければ出来上がりです。

スポンサーリンク

プロ技のポイントは3つ

豚の角煮1.豚ブロックは「切らず」に調理する。
2.下茹でするのではなく、「フライパンで全面」に焼き色をつける。
3.煮汁を冷まして、白く浮かんだ「余分な脂」を取り除き煮詰めること。 

3.をすることでギトギトした豚の角煮ではなく、さっぱりとした角煮に仕上がります。角煮が苦手という人は、この脂っぽさが嫌いなことが多いので、これなら食べれるかもしれません。

大量につくってしまったら‥

冷凍保存をしましょう!

ジップロックに「煮汁ごと」いれて冷凍保存してくださいね。野菜は繊維質が壊れて味が落ちるので冷凍には不向きです。小分けすると少量欲しい時に便利です。作ったときの環境にもよりますが「冷蔵庫で一週間、冷凍庫で3週間」を保存目安にしてくださいね。

例えば(少量の活用法)
チャーハンの具
ラーメンのチャーシュー代わり
サンドイッチなどパンに挟んで
豆苗やもやしを煮汁で炒めて豚丼

鍋で作ると時間がかかってしまう豚の角煮も圧力鍋を使うと短時間でできます。しかもプロが作ったみたいにお肉が柔らかくてトロトロ! 豚の角煮が得意料理なんて、女性としての株も上がりますね。彼氏やダンナ様、子供もきっと驚いて大喜びますよ!