それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

ランドセルカバーは必要なの?他に買って良かったアイテムは何?

      2016/02/02

ランドラセルカバー

http://item.rakuten.co.jp/e-stationery/s_kokuyo_073/

ランドセルを購入する時に、おまけでついてくることが多いランドセルカバー。これって必要なのでしょうか?

通りすがりに小学生を見ると、かわいいランドセルカバーをつけている子がチラホラいます。柄物、透明、黄色などバリエーションも豊富です。実際は使用されているんでしょうか? ランドセルカバーの他に買って良かった商品も紹介しています。参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ランドセルカバーの必要性は?

ランドセルカバー

http://raraya.co.jp/lineup

ランドセルカバーの主な目的はこの3つです。

1.交通事故防止のため

新1年生は学校や地域から黄色のランドセルカバーを配られることが多いようです。目的は交通事故防止です。またまだ危なっかしさが残るので、「目立つ」というのはいいですね。特に見通しが悪い雨の日は、「目立つ」のと「ランドセルを雨から守る」という意味で使用しても良いのではないでしょうか。ただ、強制ではありません。

黄色いカバーを付けている子は、ほとんどが1年生です。「防犯上、危ないのでは‥」という意見もあります。各家庭でよく考えてくださいね。

2.ランドセルを傷つけない、劣化させたくない。

6年間使用してほしいと思っている親がほとんどですよね。小学校低学年で扱いが悪く傷だらけにされたら、先が思いやられます。でも最近のランドセルは耐久性があり、あまり必要ないのかもしれません。やんちゃな子供なら、予防目的で透明のランドラルカバーをつけるもいいかもしれませんね。

3.お洒落にしたい。

ほとんどが女の子ですね。購入時には好みのランドセルを買っても、高学年になり飽きたり、趣味が変わるかもしれません。簡単にイメチェンできるのは、ランドセルカバーのよいところなのでしょう。服装に合わせてランドセルカバーも変える、お洒落な同級生は子供たちの憧れなのかもしれませんね。

ランドセルカバーはどこで買うの?

ランドセル市販品のランドセルカバーもありますが、個性的にオシャレしたいならハンドメイドが良いでしょう。市販品で1500~2500円くらいが相場ではないでしょうか。ハンドメイド品を安く手に入れたいなら、オークションがオススメです。

スポンサーリンク

その他の買って良かったアイテムは¨?

ランドセル 肩パッド

http://item.rakuten.co.jp/sankyodo/rm-1302/

背中パッド

汗をかきやすい時期や汗っかきの子供には快適なアイテム。背中にべったりとくっつく不快感から解放されます。学校までの道のりが遠いと「あせも」ができる子供もいるようです。簡単に着脱出来て、手洗いもできるのは清潔で重宝しますね。

肩パッド

「肩が痛い」と子供に言われて、見たら肩が真っ赤になっていた。低学年や小柄な子供に多いみたいです。全く痛みが感じなくなることはなさそうですが、かなり軽減されます。夏などの薄着の時期は、かなり効果が期待できますね。

ひと昔前までは、こんなに便利なものはなかったですね。ランドセルカバーは黄色だけでしたし、背中や肩パッドなんてありません。無ければ無いで済むことなのでしょう。ですが、子供の背中が「あせも」になったり、肩が真っ赤なのをみると親としては「どうにかしてあげたい」という気持ちになりますね。それが親心ですよね。