それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

アブに刺されたらどんな症状になるの?効果的な処置と2つの予防

   

アブ 川「アブに刺されたことはありますか?」
「もしアブに刺されたら対処方法はわかりますか?」
キャンプやハイキング、釣りなど夏場のアウトドアを楽しむ人は特に注意が必要です。

刺されたときは「激痛」がはしり、出血します。出血した状態でほっておくと、大変なことになりますよ。子供連れで遊びに行く人は、処置方法を知っておいたほうがいいでしょう。アブについて調べてみました。

スポンサーリンク

アブの発生と症状は?

アブ 川

アブは夏場に活動し、川や湖の近くや山間部に多く発生します。早朝や夕方に活発になります。

【アブの特徴】
・夏場に活動し、早朝と夕方が活発
・体長は約1~3cm
・水辺に多い(川、湖、海、田んぼ、湿地)
・山間部に多い
・刺すではなく皮膚を噛みちぎる
・アブの群れに襲われる可能性もある

体長は約1~3cmで、肉眼でもすぐに見分けられます。普段は牛や豚の血を好んで吸っていますが、人間の血を吸うこともしばしば。吸血するときは、刺すというより刃物のような鋭い口をつかって、皮膚を噛みちぎるのです。かなりの激痛が一時的にあります。子供が川や湖で遊んでいる時に刺されることも多いので、子供を持つ親としてはとても心配です。 

アブの習性で群れ行動しているかもしれません。その場合は大群に襲われる危険性があります。出血があると血の臭いに誘われて他の虫の被害にあうかもしれません。刺されたらその場からすぐに離れて「止血」するようにしてくださいね。

<アブに刺された時の症状>

 1.激痛がある
アブは血を吸う時に皮膚を噛んで切り裂くため、刺された時は激痛が走ります。

2.出血する
鋭い口で皮膚が切り裂かれるので患部から出血します。

3.激しいかゆみがあり、赤く腫れあがる。
激しいかゆみがでて、患部が赤く腫れ上がります。患部を爪でひっかいて細菌が入ってしまうと「トビヒやリンパ管炎」などの二次感染を引き起こしてしまうので特に子供の場合は注意が必要です。

強いかゆみや腫れの症状は、長い場合は2~3週間も続きます。腫れの他に水ぶくれや化膿、微熱などの症状が出る可能性もあります。 

スポンサーリンク

アブに刺された時の3つの処置

塗り薬

1.傷口をしっかりと洗い流しましょう。

口で傷口を吸ったりせず、手で血を絞り出してください。アブは刺す時に血を止まりにくくする成分を注入します。その成分を出すことで、血が止まりやすくなるのです。痛いかもしれませんが、止血するためにそこは我慢です。

2.腫れてる患部をよく冷やすこと

よく冷やすことで腫れや痛み、かゆみを最小限に抑えることができる。

3.薬を塗って、炎症やかゆみを抑える。

持って入れば、薬を塗りましょう。ステロイド成分が入った抗ヒスタミン剤の軟膏がいいです。ほとんどの虫刺されの薬には抗ヒスタミンが入っています。抗ヒスタミンは炎症やかゆみを抑えると共に化膿を防ぐという働きがあります。
皮膚を保護してくれる働きもあり、刺激が少ない軟膏タイプの薬がおすすめですよ。

通常はこれで完治するはずですが、痛みや腫れの症状がきつい場合は皮膚科を受診しましょう。微熱などのその他の症状や二次感染も医科への受診は必須です。

小さいお子さんの場合は、最初から受診したほうがいいでしょう。
子供は皮膚が柔らかく腫れかたも大きいです。かゆみに我慢できない、寝ているときに掻きむしってしまうかもしれません。症状が悪化する可能性が高いので、早めに受診しましょう。

 

アブに刺されないための2つの予防方法

アブ 蚊取り線香

1.肌の露出は少なくしよう!

夏の川辺に行きときは、長袖、長ズボンで出かけましょう。首回りもタオルなどを巻いておくといいですね。

2.虫よけのくすりの利用

アブよけ用のスプレーを体に吹きかけておくことも効果的です。汗で流れるかもしれないので、薬の指示に沿ってこまめにするといいでしょう。エアゾール系(キンチョール、フマキラーなど)の殺虫剤をまいたり、蚊取り線香もいいですね。小さいお子さんの予防は、「ハッカ油」のスプレーがいいでしょう!

夏のアウトドアを楽しむなら、塗り薬と虫よけは持っていきましょう! アブの大群に刺されたら、楽しいはずの思い出も辛い思い出に変わってしまいます。予防対策をしっかりして、もし刺されてしまったら、書かれていたことを参考に処置してくださいね。