それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

子供が頭シラミになったその原因は?学校への連絡は必要なの?

   

頭シラミ

「頭シラミ」と聞くとひと昔前の話だと思うかもしれません。
最近でも「子供が頭シラミになった」という話を聞くかもしれませんが、他人事で自分の子供とは関係のない話。そう思っている人が、多いのではないでしょうか?

現在でも頭シラミになる子供は推定年間50万人と非常に多くが感染しています。自分の子供が本当に頭シラミになったらすごく焦りますよね。

「どこから感染したの?」
「不潔にしていたの?」
「学校には連絡をしたほうがいいの?」

いろんな疑問がわいてきますよね。いざという時のために頭シラミについての予備知識は大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

頭シラミの原因はなに? 

頭シラミ

 頭シラミはその名の通り、シラミが頭に寄生することで発症する感染症のことです。
シラミはハサミを使って髪の毛にしがみつき、宿主の血液を栄養分として吸収し生き続けます。シラミは血液を吸うと体の色が白から赤に変化します。

体長はオスが2~4mm、メスが2~3mm程度で、成虫・幼虫ともに血液を吸います。血液を吸う際にシラミの口から人間の皮膚にアレルギー成分が注入され、それが「かゆみの症状」を起こします。 

シラミは卵の孵化(ふか)に約1週間から10日間かかり、孵化後の約1ヶ月で成虫になり、寿命は約1~2ヶ月。成虫のシラミはつぎつぎに産卵するので、一度シラミが寄生すると自然にいなくなるということは残念ながらありません。

どこで感染するの?

頭シラミ

主な感染経路

頭や髪の毛の接触を介して感染します。感染経路は2通りあります。頭シラミはノミのようにジャンプして、他人の頭に乗り移ることはありません。よく思われる「不潔にしてたから、シラミに感染した」ということもありません。

寄生者との髪の接触よる直接感染
・頭や髪の毛の接触(ゲームや頭が触れ合うなどの遊び)
・集団の昼寝

寄生者と物を介しての接触で感染
・給食帽や水泳帽の共有
・タオルやロッカーなどの共有
・くしの貸し借り
・スカーフやマフラー
・枕や寝具など 

髪の毛に接触すると簡単に感染します。学校で多い感染経路は、体育の授業や休み時間に頭を接触させたり、プールの授業であったり、水泳帽や給食帽や赤白帽などの貸し借り・使い回しによることが多いです。プールは水中で感染することはありませんが、着替え室でタオルやクシを貸し借りすることで感染します。

スポンサーリンク

学校への連絡は必要なのか?

頭シラミ

 1.子供が頭シラミに感染しているとわかったら、すぐに学校に知らせてください

学校保健安全法では、頭シラミに感染しても「出席停止の必要はない」とうたわれています。ですが、頭シラミは接触によって感染することがわかっています。他の生徒への感染を避けるため、早めに学校に連絡する必要があると思います。

2.二次感染防止に学校側もなんらかの対処をするでしょう。

頭シラミに感染する子供は年間50万人と推定されており、集団生活が行われる学校での接触によって、二次感染が多発しています。

学校では保護者からの速やかな連絡により、学校から全校生徒に注意喚起の文書を配布することなども行われるので、保護者の協力が大変重要になって来るのです。

3.偏見やイジメにあわないように配慮を求める

学校に連絡する際には、そのことで「子供がいじめにあわないか」と心配される保護者の方も多いと思います。シラミは他人との接触から感染するもので、自然に頭からシラミが湧くものではないと親も知っていることは大切です。

偏見で見られないように学校の先生が生徒に話しをしてもらうなどお願いしてみても良いのではないでしょうか。事前の配慮を学校にお願いした上で、生徒や保護者への連絡をして頂くのがいいですよね。

もし自分の子供がシラミに感染したら、正直ショックを受けると思います。「誰から感染したの」と犯人捜しをしたくなるかもしれません。こうして親が偏見を持てば、子供同士は良好な関係でも崩れてしまいます。その子の性格が悪いわけでも、不潔なわけでもありません。それよりも、これから予防できることはたくさんあるので、日常生活で気をつけることを子供に教えてあげましょう。