それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

幼児の理想の睡眠時間はいつ?就寝と起床の現状と早寝させる方法

   

幼児 睡眠

幼児期の睡眠時間はどれくらいが適正なのでしようか?
そして、何時ころに寝かせるのが理想なのでしょうか?
睡眠は子供の成長や健康に大切なもの。分かっているからこそ、気になりますよね。

お昼寝は何歳までしてもいいの? 早寝はするけど、朝早く起き過ぎて心配?
そんなママの睡眠に関するのギモンを調べてみました。

スポンサーリンク

幼児の起床・就寝時間の現状と理想は?

就寝時間(平均20時54分)  
1位 20時後半(27.2%)
2位 21時前半(23.7%)
3位 20時前半(18.4%)
4位 21時後半(12.6%)
5位 19時後半(6.1%)

起床時間(平均6時54分)
1位 6時後半/7時後半(28.9%)
2位 6時前半(23.4%)
3位 7時後半(10.8%)
4位 6時より前(4.4%)

子どもの5人に一人は21時以降に寝ている結果となりましたが、少し遅い傾向です。20時台には寝るのが理想です。少なくともお布団に入るようにしましょう。

理想の睡眠時間

10~13時間くらいの睡眠が必要です。

睡眠時間は大人ほどではありませんが個人差があります。幼児であれば10~13時間の睡眠が必要です。20時就寝なら6~7時起床で10~11時間の睡眠になりますね。

睡眠が不足している場合は、落ち着きがなかったり、眠たそうにしていたり、友達との関係が良好にできないことがあります。子供の日常の様子をみてどのくらいの睡眠時間が適正なのかを判断しましょう。

Q&A.お昼寝は何歳までするの? 

昼寝については夜寝る時間が遅くなってしまわなければ、特に何歳までと制限する必要はありません。

スポンサーリンク

早寝をさせる方法

早寝

寝る時間を決めること、子供を興奮させないようにしましょう。

早く寝かせつけようとたっぷりと遊ばせて、疲れさせてもなかなか寝ないときがありますよね。寝る前に体温が高くなると寝れなくなるので、身体を動かす遊びや兄弟のじゃれあいなどはやめましょう。体温がさがらないと寝つきが悪くなります。

テレビは消して部屋を暗くするなど、眠りに入りやすい工夫や「これをしたら寝る」という入眠の儀式的(静かな環境で本を読む、同じ音楽を聴く)なものがあるといいでしょう。

Q&A.就寝時間とパパの帰宅が重なってしまった‥

早寝早起きの習慣が日中の情緒が安定させ、友達関係にもいい影響を与えることをパパに理解してもらおう。

せっかく寝かかっていたのに、子どもはパパが帰ってくるとパッと目を覚まして、起き上がってしまいますね。パパも起きてくれると内心はうれしいはず。でもそこで相手をしていまうと、子供は遊んでくれると期待してその習慣がついてしまいます。

早寝の大切さをパパに理解してもらい、できれば朝に子供と遊ぶ時間をつくってもらうのが理想です。

Q&A.早く寝て、起床が早すぎるのが心配

寝不足の症状や日中に気がかりなことがなければ問題はありません。朝型、夜型人間のタイプは、遺伝的要素が強いと言われています。大人になるとどっちのタイプかわかってきますが、とても朝が早いなら朝型タイプなのかもしれませんね。

睡眠時間が足りてるかの判断は?

睡眠不足

睡眠不足の状態だと子供は「落ち着き」がなくなります。

大人の睡眠不足の症状はだるくなったり、集中力がなくなったりしますよね。

子供の場合は落ち着きがなくなることが特徴で、その他には、すぐ泣く、ダダをこねることが多いなど情緒が不安定になる場合もあります。注意欠陥、多動性障害(ADHD)を疑われる可能性もあります。。子供にとって睡眠が十分に足りているのか、しっかりと様子を見て判断してくださいね。

規則正しい生活を送るのは、なかなか大変なこと。共働きで働いていたり、兄弟がいると寝るのが遅くなるようですね。ママだけが頑張るのではなく、家族の理解と協力を得ていくことが大切ですね。