それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

肌質に関係なく使える洗顔石鹸の選び方!洗顔フォームとの違い

   

洗顔石鹸

洗顔は「フォームと石鹸」どっちがいいの?

たくさんの洗顔用品が販売されているので、どれを選んでいいのか迷いますね。

テレビなどたくさんの洗顔フォームが宣伝されていますが、今、洗顔石鹸が注目されているようです。なぜ固形石鹸が人気を集めているのでしょうか?

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いと肌質を選ばない固形洗顔石鹸について調べてみました。

スポンサーリンク

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは何?

洗顔石鹸

大きな違いは使用感に関係あり?!

洗顔石鹸

【メリット】
・自然界に存在する天然成分で作られている。
化学物質が使われていないので、敏感肌やアレルギーの人が使われていることが多いです。
・泡切れがよい
泡切れがよくすすぎに時間がかからない、すすぎ残りが少ないのでさっと洗い流せます。
・合成界面活性剤
シャンプーや洗剤、洗顔フォームなどは使用される成分の馴染みを良くするために合成の界面活性剤が入っています。これを使用することにより、シャンプーなら髪がきしまない、洗顔フォームなら肌がつっぱらないという使用感が得られます。この界面活性剤は人工なものなので、肌に負担をかけてしまいます。

【デメリット
・洗い上がりの肌がつっぱってしまう。
石鹸には洗顔フォームに入っているような保湿成分が入っていません。
・アルカリ性で洗浄力が強い。
薄化粧(普通メイク、日焼け止め)であれば石鹸でも十分に落とせるくらいです。乾燥肌の人はその洗浄力の高さから皮脂をとりすぎて乾燥してしまう場合もあります。

洗顔フォーム

【メリット】
・泡立ちがいい
合成界面活性剤の種類もいろいろとありますが、少しの量でもたっぷりと泡立つものがあります。
・保湿成分が入っている
保湿成分が入っているので、つっぱり感がなくしっとりした肌に感じさせます。

【デメリット】
・合成界面活性剤が入っている
CMでも「洗い上がりがしっとり」「クリーミーな泡立ち」という宣伝文句がありますね。洗顔後の使用感がいいのは、この合成界面活性剤が入っているおかげです。
この成分は、肌を守るために本来ある「バリア機能」を壊してしまうため、肌トラブルの原因になっています。

スポンサーリンク

洗顔石鹸はアルカリ性を選びましょう!

洗顔石鹸

良い洗顔石鹸はアルカリ性なのです。

よく美人の湯と呼ばれる温泉、そのほとんどがアルカリ性ですよね。アルカリ成分と脂肪酸が化学反応で出来たものが石鹸で、本物の洗顔石鹸はアルカリ性以外ないのです。

中性や弱酸性、アミノ酸系と呼ばれる洗顔石鹸は、実は石鹸ではなく「界面活性剤」が入っている合成石鹸になります。

全成分表示で「石鹸素地/石ケン素地」と表記されているものは「洗顔石鹸」として最適といえます。石鹸として完成度の高いものなのです。

肌質に関係なく使える石鹸はどれ?

洗顔石鹸「石鹸素地/石ケン素地」成分が記載されているものを選ぼう!

石鹸は余分な皮脂や汚れを落とすことが目的なので、洗い上がりのしっとり感が優先ではありません。しっかり洗うことでその後の化粧水の浸透が良くなるとも言われています。
基本的に石鹸素地であれば、どんな肌質の女性でもぴったり肌トラブルなく使うことが出来るのです。

石鹸で洗顔すると肌がつっぱる

つっぱり感が嫌、乾燥肌なら「枠練りの石鹸素地」を選びましょう!

肌がつっぱるのは石鹸をどう作っているかで決まります。機械練りで作られているか、枠練りで作られているかによってが異るのです。

「機械」大量生産出来ますが、天然成分を混ぜることが出来ないのでやはりツッパリ感があります。
「枠練り」手作りで作られている石鹸なので、天然成分を残しながら石鹸を作ることが出来ます。

洗顔石鹸を選ぶなら「枠練りの石鹸素地」を選ぶと間違いないでしょう。150~800円程度でかなりリーズナブルな価格で手に入ることができますよ。