それ、知りたい!? お役立ちプログ

知りたい豆知識や便利な生活情報のまとめサイトです。

乾燥肌でも大丈夫!洗顔石鹸あとの保湿はスピードが勝負なわけ

      2016/02/25

乾燥肌 美肌「笑うと肌が痛い」¨この乾燥肌が悩みなのよ¨

肌の悩みは人によっていろいろですが、乾燥肌が悩みの人は多いのではないでしょうか? 私の周りでもオイリー肌で悩んでいる‥という人は聞いたことはありませんが「肌が痛い¨」「めちゃつっぱってる¨」はよく聞きます。

春秋の季節の変わり目や冬夏の冷暖房を考えると年中を通して、肌は刺激をうけている状態。

乾燥肌の人が選ぶ洗顔は、洗顔後の感覚を重視しているのではないでしょうか? 洗顔フォームは洗い上がりが気持ちよく、ツッパリ感もないことで選んでいる人が多いと思います。

洗顔石鹸はどうでしょう?

洗顔後の肌のつっぱり感だけで、乾燥肌の私には合わないと決めていませんか? 乾燥肌でも洗顔石鹸は使えるのです。アトピーや敏感肌の人も固形石鹸を使われている人が多いですよね。乾燥肌と保湿の関係性について調べてみました。

スポンサーリンク

乾燥肌になる理由

乾燥肌 

http://www.bk-otaku.com/SUB/kansou_hada.htm

肌の水分量は「天然保湿因子(皮脂膜)と呼ばれるものが18%皮脂が2%」になっており、残りの80%は細胞間角質がキープしています。皮脂膜が洗い流されてしまうと、乾燥肌になるのです。

洗顔石鹸がいい理由

洗顔石鹸

汚れをしっかり取ってくれるので、化粧水の浸透が良くなる!

洗顔石鹸は洗浄力が高いものが多いです。そのため洗い上がりがキュッとなりますね。「さっぱりした」と思うか「肌がつっぱってる」と思うか、これには好き嫌いが分かれます。

洗顔石鹸を使うと、不要な皮脂をごっそり持っていってくれ、さらに毛穴の奥までしっかり洗ってくれます。化粧水などの浸透が非常に良い状態なんです。洗い上がりがしっとりと感じる洗顔剤は、油分がじゃまして、そのあとの化粧水の浸透を妨げてしまっています。

洗顔の基本は「しっかりと汚れが落ちる、肌に余分なものが残らない」こと。洗顔石鹸はこれに当てはまり、必要なものを残しながら、すっきりと汚れを落としてくれるのです。

関連記事:肌質に関係なく使える洗顔石鹸の選び方!洗顔フォームとの違い

洗顔後はスピードケア

洗顔石鹸 化粧水

洗顔が終わってからは「スピードケア」が重要です。化粧水の浸透がいい状態なので、なるべく早めに肌に水分を与えましょう!

私は洗面所にスプレー式の化粧水を置いています。100均などで売っている容器に化粧水を詰め替えたもの。お風呂からあがる時に先を顔を拭いて、その後すぐに化粧水をつけます。

その後ゆっくりと身体を拭いて、ホットタオルで蒸し、再び化粧水→保湿といつものケアをしています。これだと洗顔石鹸を使っても、肌が痛くてつっぱるという感覚はありませんよ。

洗顔後に水分を補うことは誰もが知っていることでしょう。つっぱり感がないフォームなどを使っていると、保湿までの時間が長くなりがちです。

洗顔石鹸を使っていると多少なりともキュッとした感じが残るので「化粧水を早くつけたい」と思って、保湿までの時間が短くなるのも利点ですね。石鹸で洗顔したあとは、しっかり保湿をしましょう。

洗顔石鹸は朝夜ともに使用する必要はありません。ベタつきを感じていなければ「ぬるま湯洗顔」だけでも充分ですよ!

関連記事:乾燥肌にあう洗顔石鹸の特徴は?洗顔料がなくても水だけでいい?

美肌をめざすなら¨

洗顔石鹸美肌を作りたいのであればシンプルに洗顔し、保湿はしっかりが基本!

洗顔で最も大事なのは「正しい洗顔方法を知っているか」です。どんなに洗顔剤が良くても、やり方が間違っていてはその効果は得られません。

関連記事:肌が変わる!知っておきたい洗顔石鹸の正しい使い方と顔の洗い方

石鹸と保湿は密接な関係があり、スキンケアはスピーディにしっかり保湿することが大切。化粧水の2度づけや日中の保湿にも気をくばりましょう! 洗顔石鹸を買うなら、界面活性剤の入っていない枠練り石鹸、素地石鹸を選びましょう。

関連記事:無添加石鹸だから本当に安心なの?本物の洗顔石鹸を使ってみよう

石鹸素地の洗顔石鹸は比較的リーズナブルに手に入りますから、その後の化粧品にお金をかけるといいですね。

基本はシンプルな石鹸を使い、使用感や肌の状態を見て保湿成分や美容成分の入った洗顔石鹸を使うのもアリです。
そのような石鹸なら、洗顔しながら保湿を行うことも出来ます。保湿作用の高い洗顔石鹸を使うなら、洗い上がりがもっちりするでしょう。